スポンサーリンク

小型の回転バレル研磨機を作るまき【自作】

自作 回転バレル研磨機ブログ
スポンサーリンク

電動ドライバーで駆動する小型回転ランブラー

電動ドライバーで駆動する小型回転バレル研磨機を作るまき(How to Make a Rock Tumbler)

回転バレル研磨機が一番DIYで役立つ

今、家で一番稼働している電動工具(回転バレル研磨機)の小型バージョンを自作してみた。ネット上では回転バレル研磨機より振動バレル研磨機のほうが研磨効率が高いという記事が散見されるが、家庭でも使えるような小型バレル研磨機は研磨層が小さいうえ、回転スピードを速くできるため、研磨効率は振動バレル研磨機より優れており、バレル研磨機を購入するなら迷わず小型の回転タンブラーがおすすめ。

さすがに磁気バレル研磨機に比べると金属を磨くスピードは劣るものの、様々なメディアを使用することができるため、粗仕上げから光沢仕上げまで研磨領域が広いメリットが存在する。例えば、金属の塗装や錆を落としたり、加工時に発生するカエリやバリ取りも可能。さらに、その金属を鏡面仕上げまで磨きあげることもできるという。さらには、金属だけでなくプラスチック・石・ガラス・陶磁器まで対応している。

  • 割高な大容量メディアを購入しなくて済む
  • 予備の研磨槽を経済的に複数用意できる

小型であるメリット

小型であると単に場所をとらないなどのメリットもあるが、一番大きなメリットはメディアの量が少なく済むことだ。実はバレル研磨用のメディアはかなり高額なため、メディア(研磨石)を複数購入すると、工作物だけでなくお財布のお金も削られてしまうのだ。現に自分も用途にあったメディアを探しているうちに、本体が買えるような出費が発生した。

メディアやワークを入れる研磨槽が小型であれば少量のメディアで済むため、メディアを複数購入しても出費が抑えられるうえ、割高な予備研磨槽も買わなくとも調味料の容器や丸形タッパーを利用すこともでき経済的。なので、既製品の回転バレル研磨機を購入するのであれば、ワークが少量の場合は、KT6808のような小型のものが個人的におすすめである。

.

回転バレル研磨機の作り方

自作回転バレル研磨機の種類

海外では回転バレル研磨機を自作したユーザーが多く存在し、Youtubeで「rock tumbler」などで検索すると多くの動画がヒットする。自作している回転バレル研磨機の種類は、「研磨槽(容器)をモーターで回転する」と「ローラーガイドをモーターで回転する」タイプの2種類に大別される。

色々な電動工具や木工機を持っているから容易に想像できるが、パーツや先端工具を着脱するのに手間がかかる機構は必ずうんざりするので、研磨槽を工具レスで簡単に着脱できて、中身をすぐに確認することができるタイプ(ローラーガイドをモーターで回転)を自作することにした。

ピン歯車

まずは研磨槽を縦方向に回転させるローラーガイドを木で作ることにした。ピン歯車付きのローラーガイドにするため、CAD/CAM ソフトウェアの[Fusion 360]で作った図面を木に貼り付けて穴をあける箇所の墨代わりに。自作を手間と考える場合は、ゴム車輪を代用するとよいだろう。

ピン歯車

印刷した図面をノリで木(檜の端材)に貼り付けて、ベアリングをはめこむ穴を座ぐりドリルであける。ローラーガイドは1mm以下のズレであってもブレが発生するため、精確に中心に穴をあけたものを選定。ちなみに穴をあけるところにポンチを打っても、木には硬い部分があったり、精度の低い先端工具もあるので、精確に位置合わせを行ってもズレたりすることがあるようだ。

ピン歯車(糸ノコ盤 )

ホールソーで墨通りに切り抜くことが非常に困難であったため、糸のこ盤(日立-FCW40SA)で少し大きめに切り抜いて、ベルトディスクサンダーで真円に削って加工することに。

ピン歯車(ディスクサンダー)

垂直に木材を研磨&研削できるベルトディスクサンダー(RYOBI-BDS-1000)のディスクペーパー部を使って、糸のこ盤で切り抜いたローラーガイドを真円に成形していく。

歯車 ベアリング

ベアリングを差し込む穴のサイズは少し小さくしているため、スピンドルサンダーで穴をきつきつに入る程度に少し広げる。きつきつにしたのはボンドを使って接着したくなかったからだである。

ピン歯車(木ダボ)

ピン歯車のピンは6mmの木ダボを使用。6mmの穴をあけて6mmのダボを差し込んで木工ボンドで接着。
無負荷の状態だと、この大雑把なピン歯車でもパーフェクトに回転したものの、ローラーガイドの上に研磨槽を置いた状態で回転すると、歯が微妙に噛み合わずがたつきが発生。おそらくピンとピンのあいだに遊びがあることが原因だと考えられる。ちなみにがたつきが発生すると本機とドリルドライバーが動いて離れてしまうため、クランプ等で固定する必要があった。
一般的な歯車を作るのが面倒で手っ取り早く歯車を作る場合は、円盤の円周に「タイミングベルト」を貼り付けるのが最も簡単だと思われる。はじめははそうしようと考えていたのだが、どうしてもこの原始的な歯車に興味を惹かれ避けられなかったという。

液体ゴム(滑り止め)

木のローラーガイドだと研磨槽が滑って回転しないため、ローラーガイドを滑り止め効果のある液体ゴムで塗装。この液体ゴムは手でこすると簡単に剥がれたため、3度塗りした。ちなみにクリアやホワイトだと汚れが目立ったので、見た目が気になる場合はブラックを選んだほうが無難。滑り止めのテープやゴムを貼ったほうが安価なうえ、滑り止め効果が高いように思った。
Amazon | ユタカメイク 液体ゴム ブラック ビンタイプ 250g BE1-5 | 産業・研究開発用品 | 産業・研究開発用品 通販
ユタカメイク 液体ゴム ブラック ビンタイプ 250g BE1-5が産業・研究開発用品ストアでいつでもお買い得。当日お急ぎ便対象商品は、当日お届け可能です。アマゾン配送商品は、通常配送無料(一部除く)。

ピン歯車 丸棒

ローラーガイドにはめ込んだベアリングの穴に丸棒を差しこむ。これもボンドを使用したくなかったのできつめの状態にしている。
この丸棒を長めの全ネジ棒にして、ベアリングを両サイドからナットで挟んで固定していれば、容易にローラーガイドの位置を調整することができるため、色々なサイズの容器(研磨槽)を使用できたかもしれない。

丸棒セット

セラミックメディア

丸棒を2枚の板で挟んで固定。不安定だったので、側板と底板を取り付けて補強したところ、中にメディアを収納できるスペースができる。
Homemade Rock Tumbler
回転しているローラーガイドをずっと見ていて思ったことだが、ベアリングを左右の板に埋め込んで、ベアリングの中心に丸棒を差し込んで、その丸棒をドリルドライバー(モーター)で回転させたほうが簡単につくれるなと思った。また、丸棒を長くすれば、複数の研磨槽を同時に回転させられるメリットもあるはず。調べてみると似たような設計の回転タンブラーを作っている動画(上)があった。この方の回転タンブラーはさらに上をいっており、1つのモーターで複数のローラーガイドを回転させる優れもの!?

研磨槽

メディアとワークを入れる研磨槽は、鶏ガラスープの元が入っていた容器を使用。このまま容器を回転させてもメディアによっては空回りすることがあるので、容器の中にメディアを持ち上げるブレードをボンドで接着。
ブレード2本の場合、回転スピードを遅くしたときに流動が止まる瞬間があった。そこでブレードを3本に増やすと、回転スピードが遅くても常に流動が発生している状態になった。
当初、ゴム製のブレードを「ウルトラ多用途S・U プレミアムハード」で容器に接着していたが、ステンレスメディアの量を500gに増やして4時間ほど回しているとボンドが剥がれ落ちてしまった。そこで、屋外用の「変成 シリコーンシール」で接着したところ、強固に接着することができた。

自作 回転バレル研磨機

ドリルドライバーと本体を固定してラバークランプ等でスイッチを軽く引いた状態にして使用。マキタの充電式ドライバーを使用していたところ12~13分で自動停止することから、現在はリョービのコード式ドリルドライバーを使用。ただし、一日中使用しているとモーターに負荷がかるため、コンセントタイマーを介してコンセントに接続し、15分ごとにON/OFFに切り替わる設定にしている。

使用しているメディア(研磨石)

セラミックメディア

セラミックメディア(研削+研磨したい場合に最適)

セラミックメディアは最もスタンダードな研磨石で、番手は[重切削][一般切削][軽切削][微小切削][平滑仕上][光沢仕上げ]の5種類が用意されている(右になるほど目が細かい)。

後述するメディアと違い小さな傷を除去できるほど研磨力&研削力が高いため、金属に施されたメッキ・塗装・錆を剥離するのに最適なメディア。番手の細かいものを使用すれば光沢仕上げも可能。

写真の(右)はクロメート処理された金具(左)をセラミックメディアで剥離したもの。工作物が平面であれば丸い形状で問題ないが、内角部や凸凹と入り組んだ箇所がある場合は、角の尖った形状を使用。

また、同じ番手のメディアでも形状が丸と角のあるものでは研磨力が段違いなので、頑固な錆や塗装を落とす場合は迷わず角のあるメディアを選びたい。

ピンクコンパウンド

スチールメディア+コンパウンド(光沢をだすのに最適)

スチールメディアは鋼(鉄)やステンレスを素材とした研磨石で、コンパウンドと水を入れて使用することで金属に光沢をだすことができる。耐久性はセラミックより上で消耗しにくいが、深い傷を除去できる強い研磨力はない。

形状がボール(球)のみだと工作物の平面のみしか当てることができないため、細かく入り組んだ箇所がある工作物を研磨する場合は(ピン型)や(UFO型)を使用。自分は面倒くさいのですべて混ぜたものを使用している。mm以下の細いステンレスピンも混ぜれると、細かく入り組んだ箇所にも対応。

Amazon.co.jp: ステンレス鋼研磨ボール、振動研磨機用ジュエリー研磨ビーズジュエリーゴールド研磨と加工: DIY・工具・ガーデン
Amazon.co.jp: ステンレス鋼研磨ボール、振動研磨機用ジュエリー研磨ビーズジュエリーゴールド研磨と加工: DIY・工具・ガーデン

Steeleメディアに混ぜるコンパウンドは現段階では、「NS ピンクコンパウンド」がおすすめ。今まで使用してきたコンパウンドの中で最も効率よく眩しい光沢をだすことができたからだ。サンポールのようにpHが偏っているのかもと思ったが、中性のためどんな素材の金属も痛めることなく磨くことが可能。

ソフトメディア(クルミ)鏡面

ソフトメディア(鏡面仕上げに最適)

ソフトメディアはクルミの殻を小さく砕いたものや、トウモロコシの芯が素材となった研磨石である。どちらも乾式用となっており、金属表面に物が映るような鏡面仕上げにすることができる番手が存在する。

ただし、傷や凹凸を除去する研磨力はないため、正しい研磨手順を踏まないと、光沢や鏡面は得られても、逆に目に見えなかった小さな傷や凹凸が目立つデメリットも存在する。

動画のものは、クルミの外殻でできた[SMB ソフトメディア]で1日12時間を3日程度回転させたものだが、さらに1週間ほど回転させるとバフで磨いたような鏡面を得ることができた(上写真参考)。

コメント

タイトルとURLをコピーしました