スポンサーリンク

ディアウォールより安い!50円でできる自作の2×4アジャスター

自作の2x4 アジャスター(ディアウォール/ラブリコ)ブログ
スポンサーリンク

自作ディアウォールの作り方

ディアウォール/ラブリコ

市販の2×4アジャスターを複数用意すると痛い出費となる!?

ホームセンターなどで販売されている安価なSPF(2×4材)の両端に差し込むことで、だれでも簡単に壁や天井を傷つけずにちょっとした柱を立てられる若井産業の「ディアウォール」。同社からはディアウォール専用の「棚受け」も販売されているため、ディアウォールと2×4材を組み合わせた収納棚を作る人を目にすることが多くなってきた。最近では複数のディアウォールを利用して部屋に板壁を張ったり・防音部屋を作ったりと、個性的な使い方をする人の記事や動画も散見される。

工具レスで部屋に傷をつけずに2×4材を突っ張れるDIY初心者に人気のディアウォールだったが、現在ではラブリコのような類似商品が登場したため、早々に一強時代は終わってしまった。色々なデザインの類似商品が販売されることは消費者にとって嬉しいことだが、どこのメーカーも1つ500~1,000円するため、複数用意するとけっこうな出費となり、お財布を痛める人も多いのではないだろうか。そこで、今回は誰でも簡単に安価で作れる「自作2×4 アジャスター」を紹介したい。

自作ディアウォール(必要な材料)

自作ディアウォールに必要な材料

自作の2×4アジャスターに必要な材料は、六角ボルト(M10×40)・ナット(M10)・ワッシャー(M10)と1×4材などの端材のみ。厚さが20mmほどある端材があれば、1つ50円以下でアジャスターが製作可能。ディアウォールやラブリコの実勢価格は900円ほどなので、同じ予算で18個の2×4アジャスターを作ることができる。ボルトなどは量売で購入すれば1つあたりの製作費はさらに安くなるだろう。
.

自作ディアウォール(上パット)

上パットを好きな形に切断する

天井に接地する上パット(天キャップ)は、厚さ19mmの1×4材の端材を使用。この上パットを自分の好きな形に切断しよう。ここでは長方形の形状には「スライドマルノコ」、丸い形状には「自在錐」を使って切断。
ちなみにこの後、上パットの中心にΦ10mmの穴をあけるため、小さい材を固定する治具などがない場合は、あらかじめ中心となる部分に穴(後述)をあけてから、好きな形に切断するといいだろう。
Amazon.co.jp : 自在錐
.

自作ディアウォール(上パットの穴)

上パットにボルトの頭が入る穴をあける

穴の底を平坦に削ることができる「座ぐりドリル」を使って、六角ボルトの頭部が納まる穴をあける。ここではM10の六角ボルトの対角寸法(19.5mm)より2mm小さい(直径17mm/深さ7.2mm)の穴をあけた。
最近では、色々なサイズが用意された隣の大国製の座ぐりドリル(セット品)がAmazonなどで安価で販売されており、あまりクオリティーや精度に拘らないのであれば、ぜひ揃えておきたい。
Amazon | SUNOKY ボアビット 座ぐりドリル フォスナービット 15-35mm 16本組 木工用ドリル 木工座ぐり 木工用穴あけ ホールソーボアビット 木工用ドリルセット 掘削 穴あけ 止め穴 斜め穴 重ね穴 | ドリルビットセット
SUNOKY ボアビット 座ぐりドリル フォスナービット 15-35mm 16本組 木工用ドリル 木工座ぐり 木工用穴あけ ホールソーボアビット 木工用ドリルセット 掘削 穴あけ 止め穴 斜め穴 重ね穴がドリルビットセットストアでいつでもお買い得。当日お急ぎ便対象商品は、当日お届け可能です。アマゾン配送商品は、通常配送...
.

ボルトを木に叩き込む

ボルトの頭部を穴に叩き込む

前述した座ぐりドリルであけた穴に玄能やハンマーなどを使って六角ボルト(M10)の頭部を叩き込む。
.

自作ディアウォール(突っ張る木の長さ)

突っ張る材料を天井の高さ-40mmで切断する

床と天井のあいだに突っ張る2×4材を天井の高さから40mm短い長さで切断。少し余裕を持ったサイズなので、少々長さが長くなったり短くなっても問題ない。
「作る前に知っておきたい」で後述するが、ここで紹介している自作ディアウォールは、2×4材ではなくても突っ張ることができるため、用途に応じた材料や2×4材より安価な材料も突っ張ることができる。
0.

2×4材 中心穴

突っ張る材料の木口に10mmの穴をあける

床と天井に突っ張る2×4材の木口の中心に木工ドリルなどを使ってΦ10mmの穴をあける。深さは20mm以上あったほうがよいだろう。
.

ボルトを差し込む

突っ張る材料の木口の穴にボルトを差し込む

木口にあけたΦ10mmの穴にナットとワッシャーをセットしたボルトのねじ部を差し込む。
.

ナットを締め付ける

天井の高さに調整してナットを締めつける

柱を突っ張りたい場所にボルトを差し込んだ面を天井側に向けて2×4材を立てて、上パットをぐるぐる回して天井の高さに合わせて調整。柱の位置と矩(直角)を出したら、ナットを17番のスパナやモンキーレンチを使って時計回りに回して締めつける。※きつく締めつけすぎると天井が破損する場合があるので注意されたし。
.

作る前に知っておきたい

自作ディアウォール(滑り止め対策)

さらに安定力を向上させる方法

自作ディアウォールはかなり強い衝撃を加えないかぎり動いてしまうことはないが、1本だけ立てた場合、回転方向に少しひねりを加えると簡単に動いてしまった。さらに安定力を高めたい場合は、回転しやすい床との接触部分(木口)と、ワッシャー部分にゴムシートを噛ませると動きにくくなった。自作で薄い板で大きいワッシャーを作ってゴムシートを噛ませるとさらに回転方向に強くなるかもしれない(気が向いたら改良版を作ってみたい)。
.

自作ディアウォール(垂木/野縁)

2×4材以外の材料も突っ張れるからさらに予算を抑えられる

自作の2×4アジャスターは「ディアウォール」や「ラブリコ」と違い、2×4材よりリーズナブルな1×4材・垂木・野縁なども突っ張ることができるため、複数柱を立てる場合は安価な材料を使用することで、さらに予算を大きく抑えることができるのも嬉しいポイント。
.
誰でも簡単に50円で作れる自作ディアウォール・ラブリコ・2×4アジャスター

この記事の動画はこちらからどうぞ

コメント

  1. アバター匿名 より:

    シロートには木材をその様に作成する工具は揃える事は難しい
    その工具を揃える事を考えると···

タイトルとURLをコピーしました