スポンサーリンク

回転バレル研磨機でアルミ缶の塗装を剥がしを自動化できるのか?

回転バレル研磨で缶の塗装を剥がせるのか?ブログ

回転バレル研磨で缶の塗装を剥がせるのか?

・未開封のジュースのアルミ缶(350ml)の塗装を剥がしたい
・用途:アルコールストーブ
管理人
管理人

回転バレル研磨機でアルミ缶の塗装を剥がせるのか?」というご質問をいただいたので、実際にコーラの缶を入れて試してみました。さらに研磨能率や仕上げ状態が向上する組み合わせがあれば追記します。

おそらく、アルコールストーブにした状態で、研磨したほうが効率も仕上がりもよくなると思います(厚みが2倍+コンパクトになって流動層を滑落するため)。

※ジュースのアルミ缶やスチール缶を延々と研磨し続けると、上蓋が外れるので、上部を必要とした工作物をつくるときは、研削しすぎないように注意されたし。

スポンサーリンク

「セラミックメディア」+「褐色溶融アルミナ #120」

バレル研磨+褐色溶融アルミナ #120

本機15LB
バレル槽KT2000用
メディア中研磨用(球形)
φ6mm
マス量1/2
水量1/2
研磨剤褐色溶融アルミナ #120
大さじ1
研磨時間1~7
回転速度超低速

材質(アルミ)が薄くて柔らかいため、三角形のセラミックメディアだと深い圧痕がつくと思い、研削力の弱い球形のセラミックメディア(φ6mm)を使用しました。メディアだけだと塗装を剥すのに時間がかかるため、研磨剤として褐色溶融アルミナ #120を添加しています。

スピードは低速1だと缶詰の表面がベコベコになった経験があるため、バレル槽は蟻が歩くような遅い回転スピードで実施しています。15LBだと超低速に設定できますが、KTシリーズだと「スピードコントローラー」に介して電圧を小さくしないと超低速にできません。

ちょっとした力で深い圧痕がつきやすいほど柔らかいので、缶が転がって内壁にぶつかる衝撃を和らげるため、水位を数cm上げて、発泡作用のある中性洗剤を添加したほうがよいと思いました。

1日目

回転スピード:缶/回転バレル研磨機/塗装剥がし

バレル研磨-缶の塗装剥がし(1日目)

缶が流動層をうまく滑落できない大きさのため、半面だけが偏研磨されています。回転バレル研磨はマス上層部に形成された流動層を利用した研磨方のため、研磨能率が大幅に低下していると考えられます。おそらく、組み付けてアルコールストーブにした状態で、バレル研磨したほうが効率的に塗装を落とせると思います。

2日目

バレル研磨-缶の塗装剥がし(2日目)

半面だけ塗装が剥がれるのかと思いましたが、中央部は均等に塗装が落ちていました。しかし、流動層の表面を缶が滑落するのではなく、缶の上をメディアが転がって研磨されているので、メディアが真っ直ぐ転がれないフラットな面以外は塗装が落ちるスピードが遅れているようです。

3日目

バレル研磨-缶の塗装剥がし(3日目)

中身が入っている状態だと、塗装を剥すのに3~4日ほどかかると考えたほうがよいでしょう。赤く塗装が残っているところはφ6mmのメディアだとぶつからないので、蓋部分も必要な場合は、小さいメディアや先の尖ったメディアを使ったほうがよいかもしれません。

「セラミックメディア」+「FX-06」

バレル研磨+FX06

メディア中研磨用(球形)
Φ6mm
マス量1/2
水量1/2
研磨剤FX-06
大さじ1
研磨時間1
回転速度超低速

1日目

回転スピード:缶/回転バレル研磨機/光沢仕上げ

バレル研磨-缶の塗装剥がし(4日目)
バレル研磨-缶の塗装剥がし(5日目)
表面アラサはざらざらでコンクリートのような色をしていたので、光沢用メディアを添加して実施したところ、中研磨用のメディアとの組み合わせでも光沢のある仕上がりとなりました。

さらに仕上げ状態を向上させたい場合は、細仕上用や光沢用のメディアを使用したほうがよいでしょう。

ただし、アルミは他の金属と違ってキレイな光沢をだすのが難しいです。おそらく、アルミは柔らかいので、わたしが所持している研磨剤の高度や潰れやすさなど他の要素が影響しているのかもしれません。

コメント

  1. くー より:

    この度は検証ありがとうございます!

    「セラミックメディア」+「FX-06」の結果は予想していたよりもかなりキレイです!
    曹のサイズが大きいほうが効率が上がるんですね。

    早速購入してみます!
    本当に助かりました!
    Youtubも登録しましたのでDIY動画楽しみにしています!

タイトルとURLをコピーしました