スポンサーリンク

掃除機とバリカンの接続方法(長毛種を長めのサマーカットにする)

ノルウェージャンフォレストキャットの被毛

ノルウェージャンフォレストキャットの被毛の種類

ノルウェージャンフォレストキャットの被毛にはオーバーコート(上毛)とアンダーコート(下毛)の2種類の層から構成されています。

オーバーコート(上毛)の役割

ノルウェージャンフォレストキャット(トップコート)

オーバーコートは長くて光沢があり、防水性があります。この層は雨や雪から身を守り、アンダーコートを乾燥した状態に保ちます。また、アンダーコートの毛質に比べると太くてしっかりしているため、抜けにくい特徴を持っています。一般的にオーバーコートの比率が高い猫は抜け毛が少ない傾向があるようです。

アンダーコート(下毛)の役割

ノルウェージャンフォレストキャット(アンダーコート)

アンダーコートは非常に柔らかく密集しており、猫の体を暖かく保つ保温性や断熱効果が高い特徴を持っています。特に寒い気候でその効果が発揮されます。アンダーコートは柔らかく細い毛で構成されているため、季節の変わり目や気温の変化に応じて抜けやすい傾向があります。

ノルウェージャンフォレストキャットの換毛期の大変さ

ノルウェージャンフォレストキャット(換毛期の大変 苦労)

現在、アンダーコートの比率が高い愛猫は換毛期に入っているため、通常の時期よりも数倍の毛が抜け落ちます。

毎日吐き出す毛玉ゲロの掃除

猫の毛玉ゲロ

換毛期にはいるとグルーミングの際に多量の毛を飲み込んでしまうため、毎日、お腹に溜まった毛玉を吐くようになります。気づかないときに嘔吐することもあり、カーペットや布団の上で吐かれると丸洗いしないといけないので困ります。

お腹にできる毛玉を除去

猫の毛玉

さらにグルーミング中に毛が絡みやすくなるため、特に癖のあるアンダーコートが密集しているお腹に毛玉が増えやすくなります。お腹の皮膚を切らずに除去しなければいけないので、コームとハサミを使ってカットしています。

掃除機がけとブラッシングの負担

ノルウェージャンフォレストキャット(換毛期に抜ける毛の量)

また、床には大量の毛が落ちるため、一日に何度も掃除機がけをしなければいけません。また、後述する毛球症のリスクを軽減させるため、ブラッシングも1日に何度も行わないといけません。これらは、飼い主にとっても負担が大きいです。

毛球症になるリスクが高まる

ノルウェージャンフォレストキャット(毛球症/吐き出した毛玉のサイズ)

年齢を重ねることで消化機能が低下すると、飲み込んだ毛を効果的に消化・排出する能力が減少し、毛が胃腸で集まって毛球を形成する毛球症のリスクが高まります。過去には10cm以上の毛球を吐き出したこともありました。今は毛球を吐き出せていますが、将来、自力で排出できなくなるのではないかと心配です。

セルフサマーカットに挑戦

セルフサマーカットに挑戦
先述した換毛期の苦労や毛球症のリスクを軽減させるため、今年から換毛期に入ったら被毛をバリカンで短くすることにしました。これには、バリカンに猫を慣れさせる目的もあります。

ライオンカットのデメリット

ライオンカットのデメリット

サマーカットといえば、数mm単位のライオンカットが有名ですが、皮膚が露出しやすくなるため、体温調節機能が低下したり、皮膚が傷つきやすくなったり、紫外線による皮膚のダメージが高まるなどのリスクがあるようです。そこでライオンカットのデメリットを軽減するため、被毛を少し長めに残すトリミングをすることにしました。

ペット用バリカン(バリカンと掃除機の一体型)

最近、ペット用のバリカンと掃除機機能が一体化した製品が登場しています。これらの製品はペットの毛を刈りながら同時に吸引するため、掃除が簡単で効率的なトリミングが実現できるそうです。

実際にこの製品や類似品のスイトリマーを使っている動画を視聴すると、猫も飼い主もストレスフリーでカットしていたので、この製品の購入を考えていました。

しかし、断捨離中のため、自宅にあったバリカンにキャニスター掃除機のホースを取り付けてカットしてみることを試みました。

自作掃除機バリカンの作り方

三菱キャニスター掃除機

掃除機は三菱のキャニスター掃除機(Be-K)を使用。吸込仕事率は500Wなので、吸引力はかなり強めですが、猫が吸口の風切音に怯えていたので、吸引力が弱い中モードに切替えました。

バリカンに取り付ける洗濯機排水ホース

バリカンに取り付けるホースは、SANEIの洗濯機排水ホースを使用。長さは1m/1.5m/2m/3mが用意されており、 2本のホースを接続して延長して猫が嫌いな掃除機を遠ざけることも可能でした。

ビニテで排水ホースの外径を微調整

掃除機の吸口と洗濯機排水ホースを接続するため、ホースの接続口にビニールテープを巻いてキャップの口径を微調整しました。

パナソニック ER503PP

バリカンは5年前に1700円で購入したPanasonicの充電式バリカン(ER503PP-G)に12mmのアタッチメントを装着しました。しかし、猫のアンダーコートは毛髪と比べると柔らかいため、人間用のバリカンでは毛が刃に詰まりやすかったです。そのため、バリカンを購入するのであれば、ペット用のものを購入したほうがよさそうです。ちなみに、同じパナソニックからもペット用のER807PPが発売されているようです。

ホースをバリカンに固定する方法(タイラップ)

タイラップ(結束バンド)でバリカンにホースを固定します。洗濯機排水ホースの差込口は柔軟性があり、差込口を少し潰した状態で固定すると、吸口の経が狭まり吸引力が強くなります。

掃除機バリカンの音

掃除機は隣の部屋まで離しているので、猫は掃除機の音で逃げ出しませんでした。しかし、洗濯機排水ホースの吸口から聞こえる風切音に少しびびっていたので、掃除機の運転モードの中モードにしました。

バリカンの刃の方へ毛が吸い寄せられるので、おもしろいほど簡単に刈ることができました。
アンダーコートが密集しているところを一気に刈り上げようとすると毛が詰まりやすかったですが、少しずつカットするようにすれば詰まりにくくなりました。毛は刈られると同時に集じんされるので、カットされた毛が飛散して床に落ちることはありませんでした。そのため、トリミング後に掃除やお風呂に入れる必要がありません。

課題

今後の課題(改良したバリカンのイメージ)

長さを調整できるアタッチメントをバリカンに装着しても、長さが揃わずにガタガタになったり、トリミング時間が長引くと猫がストレスを感じていました。来年の換毛期までには、さらに簡単かつ効率的で綺麗な仕上がりを目指し、猫にストレスを感じさせないようにするため、吸い込んだ毛を同じ長さにカットできるように改良を加えたいと考えています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました