スポンサーリンク

安全かつ静かに焚き付け材を作る道具を自作する

周囲に配慮した焚き付け材を割る工夫

薪割り(焚き付け材)の騒音問題
ひきこもりは起床時間が不定期なため、家族が寝静まった丑三つ時に、突然焚き付け材を作ることがあります。しかし、鉈や玄能を使って焚き付け材を作ると、ロックライブ並の騒音を発生させることになり、周囲の人に迷惑をかけてしまいます。この問題を解決するために、どんな時間帯でも周囲を気にせずに焚き付け材を作れるように、大きな音を立てずに木を割れる押し切りを自作することにしました。

押し切りの作り方(1号機)

以前、YouTubeで農家の方が力を入れずにトウモロコシを切断するために使用している押し切りを目にしました。これが、音を抑えつつ効率的に木材を割るための道具を自作するきっかけとなりました。丈夫な刃に交換すれば木材も容易に割れると考えたためです。

SPF(2×4材)

押し切りのレバーとベースの製作には、強い負荷をかけても折れにくい2×4材(端材)を利用しました。

改善を必要とする点②
レバーの長さは500mmですが、実際には600mm以上の長さが望ましいと感じました。これは、レバーが長いほどテコの原理により力を大きく増幅できるため、より効率的に押し切り作業を行うことが可能になるからです。

丁番(蝶番)

押し切りの開閉機構を構築するためには、蝶番の使用が不可欠でした。2×4材の木口に蝶番を固定することで、木を加工することなく開閉機構を簡単に実現できました。使用した蝶番は2×4材の幅に合わせた89mmであり、その厚みは1.5mmです。このサイズは力の逃げを防ぐのに十分な剛性でしたが、欲を言えば蝶番の厚みが2mmあるとさらに理想的でした。

L型補強金具

参考にした押し切りには包丁が取り付けられていましたが、私の用途では長い刃渡りは必要ではありませんでした。そのため、私はL型補強金具をネジでしっかりと固定しました。この補強金具は、2×4材用なので厚みが2mmもあり、板を割る際のたわみを防ぎ、十分な強度と剛性がありました。

刃をつけた補強金具

刃の形成にはベルトディスクサンダーを使用し、その後、#1,000→#3,000→#6,000の砥石で仕上げを行いました。しかし、この刃は主に木を割るために使用するため、#1000の砥石での仕上げでも十分に機能すると感じました。

スリット穴

改善を必要とする点②
試作機は省スペースに収納することができません。レバー部分を閉じた状態で収納できるようにするため、ベースに刃が納まるスリット穴を設ける必要がありました。

押し切り(スリット穴)

追記:2号機を作る前にスリット穴を開けてみました。この方法を試した結果、予想通り押し切りは小さく折り畳めるようになり、狭いスペースにも簡単に収納できることができました。ただし、刃が飛び出すことによる危険性があるため、カバーをかぶせて安全対策を施す必要がありました。

滑り止め(溝)

刃を材料に押しあてる際に材料が後ろ方向に滑る問題に対処するため、ベースに溝を掘る必要がありました。15mmの丸刀で適当に掘ったが、角い溝を掘ったほうが材料が滑りにくく安全かもしれない。

改善を必要とする点③
刃の位置を変更せずに、様々な長さの木材を効率よく割ることができるような設計にすることも目指しています。これは、私が使用する七輪では短い焚き付け材で十分ですが、焚き付け材を作成する際の動画を見ると、多くの人がより長い焚き付け材を使用していることに気付いたためです。

柄(グリップ)

2×4材は手でしっかりと握られないほど太いので、柄の部分を細く加工する必要がありました。鉈とカービングナイフを使って握りやすい太さに加工しました。

ベースの浮き上がり

改善を必要とする点④
板を軽い力で効率良く割るためには、ベース部分を作業台や床にしっかりと固定することが非常に重要だと思いました。特にベースの前側部分が固定されていない場合、刃が板に接触し負荷がかかる際にベースが持ち上がる傾向にあります。これによって、本来刃に伝わるはずの力が逃げてしまい、特に厚みのある板を割ろうとする際に、板をスムーズに押し切ることができなくなりました。

安全かつ静かに焚き付け材(薪)をつくる道具を自作する

試作機を使用して焚き付け材を作成することは可能ですが、テコの原理を応用しているにもかかわらず、2×4材のような厚みのある木材を割る際には予想以上の力が必要となります。このため、より少ない力で木材を割ることができるよう、改良した押切りを作ることを検討しています。

押し切りの作り方(2号機)

製作中(近日アップ)

コメント

タイトルとURLをコピーしました