サンダーの選び方

Pocket

吸じんオービタルサンダー [GSS23AE/MF] BOSCH(ボッシュ) 各部名称
写真のモデル:BOSCH(ボッシュ) 吸じんオービタルサンダー[GSS23AE/MF]

トップページ - サンダーの解説 サンダー
トップページ
サンダーのスイッチとロック スイッチ
ロックボタン
サンダーのスピード調整機能 スピード調整ダイヤル サンドペーパーの取り付け方 ペーパの取り付け方
サンダーの集じん機能 集じん機能 サンダーの種類 サンダーの種類 サンダーの使い方 サンダーの使い方 サンダーの選び方 サンダーの選び方
サンドペーパーの選び方 サンドペーパー ハンドサンダー 防塵マスク 防塵マスク サンダーの性能比較表 サンダ性能比較表

サンダーの性能比較表

サンダーの特徴

面倒な研磨作業 – 手はボロボロで真っ白に・・・

木材を加工すると加工した面や角にバリが発生します。また、荒材は鉋をかけないとササクレがあったり、表面が毛羽立っているのでザラザラしています。このままでは家具として使うことができませんし、塗装することもできません。なので、材料の表面を綺麗にするためにサンドペーパー(紙ヤスリ)で、材料の表面を研磨してツルツルスベスベにする必要があります。

この研磨作業は手に乗るような小物であれば大した労力はかかりません。しかし、研磨するスペースが広かったり、研摩する材料が多いと、労力と手間がかかるので、だんだんと研磨作業が億劫になります。そこで電動サンダーを使って研磨作業すると、効率よく研磨作業が行なえるようになるので面倒な作業も楽しくなります。

サンダーを使うと研磨スピードがイナズマ級に!

サンダーとは、「サンダ」などと呼ばれる電動工具です。サンドペーパーをラバーパッドに固定し、小刻みに高速振動させることで、木材や金属などを効率よく研磨(サンディング)することができます。振動の速さはおっさんの貧乏ゆすりとはわけがちがいます。

研磨する面が広かったり、表面が粗い材料の場合、電動式のサンダーをを使用すると力を使わずに作業効率が向上します。その研磨スピードは手とは比較にならないほど速いので、一度使うと依存してしまうほど高い研磨能力があります。

用途 – 表面をツルツルにするだけでなく塗装剥がしにも最適

  • 材料の表面仕上げ
  • 塗装前の下地仕上げ
  • 既存の塗装(ペンキ)はがし
  • サンダーには、大まかに三種類に大別され、上記のような作業シーンをサンダー1台でこなすことができます。電動サンダーの種類のページを見て、作業や用途にあったサンダーを選びましょう。

    サンダーの性能比較表

    Pocket