スポンサーリンク
ブログ

回転バレル研磨機 KT6808とKT2000の研磨量の違い

回転バレル研磨機とは工作物の研磨作業を自動化する装置である。研磨槽の中に研磨石と工作物を入れて縦回転させることで、工作物は研磨石とぶつかりあい研磨加工される。基本的に金属、樹脂、石、ガラスなどの硬いワークに対応しており、研磨石(メディア...
ブログ

20mmのスリムビス(軸細コーススレッド)

ストレートや瓦などの屋根材などを支える杉や檜の野地板の切れ端をいただけるが、一般的な野地板は厚みが12mm前後なので、ホームセンター等で販売されている一番全長の短い25mmのコーススレッドやスリムビスで2枚の野地板を重ねて打つとネジ...
ブログ

本当に回転バレル研磨機で金属のバリや面が取れるのか調べてみた。

小型の回転バレル研磨機で金属のバリ取り&面取り 本当に金属も加工できるのか? 現在、ちまちまと小型の回転バレル研磨機の使い方を説明した記事を執筆中。 その中で小型の回転バレル研磨機でも金属の面取りやバリ取りができると説明してい...
スポンサーリンク
ブログ

小型の回転バレル研磨機の使い方を分かりやすく解説

回転バレル研磨機の特徴 回転バレル研磨機とは工作物の研磨を自動化してくれる装置である。メディア(研磨石)を入れた八角形の研磨槽(バレル)を縦回転することでメディアの表面に流動層が形成。この流動層をワーク(工作物)が滑落すること...
ブログ

回転バレル研磨機の回転速度を落とす方法

石を磨く回転タンブラーは回転スピードが遅い 海外のYoutuberでThumler's Model B Rock Tumbler(RED回転タンブラー)を使って、その辺に転がってるような石を宝石のようにピカピカにする動画がいくつも...
ブログ

スプーンやフォークを自動で磨く機械[回転バレル研磨機]

カレーなどを食べるときに使用するスプーン(大)を業者に磨いてもらうと1本200円~300円ほどかかるようだ。例えば、一般家庭より食器を大量に扱う個人飲食店などが一度に50本のスプーンを業者に磨いてもらったら、一回で10,000~15...
ブログ

回転バレル研磨機でピストンのカーボンや錆を除去してみた

不要になったピストンのカーボンや錆を回転バレル研磨機で除去できるのか試してみた。この程度の汚れであれば一晩回してれば除去できるだろうが、排気量が400ccの単車のピストンなので直径が5cm以上、質量が130gと小型バレル研磨機にとって大...
ブログ

身近にあるもので固い六角穴付ボルトの緩めたり締め付ける方法

題名: 自由錐のボルトが固くて緩められない メッセージ本文: -中略- 自由錐の六角穴付ボルトを外したいのですが固すぎてびくともしません。潤滑剤を使って六角棒レンチで回そうとしてみましたがだめでした。どうすれば外せるのでしょうか? ...
ブログ

[回転バレル研磨機]ソフトメディアがバレル槽に張り付く対策

ぐぐるも解決策が見つからないまき 回転バレル研磨機に使用するメディアの種類には、工作物の表面を鏡面に仕上げる乾式用のが用意されている。このメディアはクルミにアルミナ(研磨剤)を油脂系コーティング材で添着しているため、表面に若干ベトベト...
ブログ

回転バレル研磨で古銭(寛永通宝)の錆を除去できるのか試してみた(錆取り→光沢→鏡面)

古銭の文字細部も回転バレル研磨機で磨けるのか検証 古銭の文字細部で試してみる 回転バレル研磨機でも入り組んだ細部を研磨することができるのかの検証も兼ねて、数百年前に使われていた古銭の頑固な錆をピカピカにしてみた。 フラットな縁...
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました