この記事は約 1 分で読めます ( 約 525 文字 )

Pocket

滑ったネジを外す方法

押す力と回す力の比率は7:3

カムアウトするとネジ穴を傷めることも。
ドライバーの押す力と回す力の比率は7:3と言われており、ドライバーの先端がネジ穴から逃げてしまうとなめってしまうので、回す力より押すほうに強い力をいれなければいけません。

自分はネジ穴がなめりそう・なめってしまった場合は、迷わず「ネジすべり止め液」「ネジザウルス」を使用しますが、それでも外せない場合は「ネジはずしビット」を使います。

しかし、上の動画では、スピードランニングを購入していないので翻訳することはできませんが、なめったネジ穴に幅の広い輪ゴムをかぶせドライバーで回してゆるめています。腹をたて輪ゴムでなめったネジを外すことができるのであれば、ドライバーやドリルドライバーのグリップに輪ゴムを巻いていて損はないかもしれません。

輪ゴムを引っ掛ける

こちらの動画では、ドライバーの先端に輪ゴムを引っ掛け引っ張りながらビスをゆるめています。

風船で代用

こちらの動画では、輪ゴムの代わりに風船を使用してネジをしめつけています。

失敗することも

こちらの動画の方は、ワイパーの滑ったネジをゆるめられなかったので、ゴムを車に叩きつけています。滑り具合によっては輪ゴムでは外せないネジもあるようです。

Pocket