カテゴリー:DIY・GADGET・NEWS・Lifehackの記事一覧

DIY引き篭り部

カテゴリー:DIY・GADGET・NEWS・Lifehack

ペットボトルやプラスチックに小さい穴を綺麗に開ける方法

この記事は約 2 分で読めます ( 約 1106 文字 )

ペットボトルに綺麗で小さな穴を開ける方法

木工用や鉄工用ドリルビットだと汚い穴になるでござる

木工ドリルや鉄鋼ドリルの先端ビットを使ってペットボトルに小さな穴をあけようとしたものの、綺麗な穴をあけられずに困ったことはないだろうか。これらの先端ビットを使用してもバリが発生して歪んだ穴が空いたり、効率よく穴があけることができないのだ。

熱した釘や半田ごてを使用することで、ドリルビットより綺麗な穴をあけることは可能だが、もう少し綺麗な穴をあけたいと考えている場合は、ガラスなどに穴をあけられる「ダイヤモンドビット」をおすすめする。

.

ペットボトルやプラスチックに小さくて綺麗な穴を開けられるダイヤモンドビット

小さな穴を綺麗に開けられるダイヤモンドビット

ダイヤモンドビットの表面は荒いヤスリのようになっている。なので、ペットボトルを削りながら穴をあけていくため、ドリルビットより、効率よく綺麗な穴をあけられるのだ。バリも発生しにくく、バリが発生しても手でこすれば除去できるので、バリ取りに手間もかからない利点も存在する。

.

プラスチックに小さな穴を開ける方法

プラスチックにも綺麗な穴をあけられる

薄いペットボトルの他に厚みのあるプラスチック(樹脂)にも綺麗な穴をあけることが可能だ。上はタッパーの蓋にダイヤモンドビットを使って穴をあけたものである。

.

大きな穴に加工

ビットを交換すれば穴を広げることも可能

ペットボトルやプラスチックに穴を開ける場合は、先の尖ったビットが適しているが、さらに穴を広げたり、穴の形を変えたい場合は、円柱状のダイヤモンドビットに交換して、外周を削っていくことで簡単に加工することも可能である。

.

ミニルーターと電動ドライバー

軟らかい素材なら安価(1,000円)なミニルーターで十分

ダイヤモンドビットは「ドリルドライバー」や「ミニルーター」に装着して使用することが可能だ。小さな穴を1つだけ開けたいのであればドリルドライバーでも十分だが、繊細な作業をしたり、複数穴を開ける場合はミニルーターを迷わず選んだほうがよいだろう。

ミニルーターはプラスチックやペットボトルに穴を開ける程度であれば、1000~2000円ほどの安価なもので十分である。ガラスのような硬い素材に穴をあける場合は、パワーのある「プロクソン」や「ドレメル」のような一流メーカーのほうが効率よく穴をあけられる。

.

ダイヤモンドビットセット

最初はダイヤモンドビットセットがおすすめ

初心者の場合、ダイヤモンドビットは単品で購入するより、色々な形状をしたビットがたくさん付いているセット品を購入することをおすすめする。ちなみに、ビットに溶けた樹脂が付着して固まった場合は、木材などに軽く擦りつけて熱で溶かしながら除去するとよいだろう。

乾燥剤を買うなら繰り返し使える「シリカゲル」がおすすめ

この記事は約 7 分で読めます ( 約 3691 文字 )

繰り返し使える乾燥剤(シリカゲル)の用途

工具のサビ防止

工具箱に入れておけば錆防止になる
(錆びやすい素材のものは湿度が高いと1日で錆びることも)

» この記事の続きを読む

巷で流行のハンドスピナーを回すとベアリングの特徴が一瞬でわかる

この記事は約 2 分で読めます ( 約 1161 文字 )

ハンドスピナーの効果

・ストレスや緊張を解消
・集中力の向上
・暇をつぶせる

 

巷で流行っている指で弾いて回転させて遊ぶ「ハンドスピナー」が無駄に欲しくなったので購入してみた。上記のような効果があるということで、海外で学校の子供たちがみんな持っているというほど大流行したようだ。

» この記事の続きを読む

リアルすぎて食べてしまいそうなほどそっくりな「木彫りの食べ物」

この記事は約 2 分で読めます ( 約 782 文字 )

木彫りの食べ物

木彫りの置物といえば、どんなものを想像するだろうか?きっと、木彫りの仏像や熊を思い浮かべる方が多いはず。また、海外ではマトリョーシカなど、民芸品として親しまれている木彫りの作品たち。木目や材質を生かすことの多い木彫りの世界に、SNSでの投稿をきっかけに新たな風が吹き込んでいる。

» この記事の続きを読む

木を割った形をそのまま生かして作られた神秘的な指輪

この記事は約 2 分で読めます ( 約 877 文字 )

ハンドメイド 木の指輪

指先に自然の神秘を纏う

この不思議な指輪は、カナダの「Secret Wood」という会社から発売されているもの。地面部分の形状は、なんとリング部分の木を割った形をそのまま生かして作られている。色つきの樹脂を重ねて成型された様子は、まるで地球のどこかにある風景を閉じ込めたよう。一つ一つ手作りで、同じものは2つとない指輪だ。

» この記事の続きを読む

 

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます