スポンサーリンク

卓上ボール盤のドリルチャックの取り外し方

チャックドリフトボール盤
あいうえお
スポンサーリンク

DP-300(卓上ボール盤)

ドリルチャックの外し方が分からない

EARHTMANの卓上ボール盤(DP-300)を使用しているが、ドリルチャックの取り外し方がわからない。専用工具の工具でもあるのでしょうか?
また、取扱い説明書はどこにお願いすれば入手することが出来るのか?

ご使用されている卓上ボール盤の画像をインターネットで検索してみましたが、ドリルチャックの写真がヒットせずにどのような取り付け部になっているのかわかりませんでした。お役に立てなくて申し訳ありません。

ドリルチャック取外し専用工具

一般的にこのサイズの卓上ボール盤の主軸の取り付け部は、テーパー状になっており、ドリルチャックを取り外すには、主軸とドリルチャックとの取付け部の隙間に専用のクサビを差し込んで両側から叩いて取ります。

この取外し専用のクサビは「チャックプラー」や「チャックドリルフト」という商品名で販売されていますが、特殊なものなのでホームセンターなどでは恐らく販売されていないと思います。ネットで検索してみましたが、堀内製作所様が「チャックドリルフト」をしていました。

スパナ

工具で取り外す方法

価格が高額なので、わたしであれば、モンキーレンチやスパナを隙間に差しこみ、叩いて取る方法を取ります。クサビを自作するのであれば、アルミや硬木で加工して同じものを作るかもしれません。

工具を使って外す場合は、こちらの記事()が参考になると思います。加減しないと主軸(スピンドル)が痛む可能性もあるので注意します。

ボール盤のドリルチャックは上部のナットを緩めて取り外すタイプもあります。ナットを緩めてドリルチャックを外すタイプはチャックの上にナットがあります。こちらの記事が参考になります。


タイトルとURLをコピーしました