この記事は約 3 分で読めます ( 約 1536 文字 )

Pocket

TB-1131KとTB-2131の違い

リョービはTB-1131KとTB-2131の2種類の卓上ボール盤を販売しています。どちらも1.5mm~13mmのストレートビットを取り付けられ、見た目が同じような機種に見えますが、性能や機能にそれぞれ違いがあります。

TB-2131-回転数

TB-1131K TB-2131
50Hz 60Hz 50Hz 60Hz
無負荷
回転数


2580 3100 3000 3600
1950 2340 2170 2610
1430 1720 1330 1600
915 1100 730 880
515 620 450 540

回転数

主軸の回転スピードを調整する場合は、プーリにかかっているベルトの位置を変えなければいけません。どちらの機種の加工する材料に合わせて、5段階のスピード調整が選択可能ですが、最低回転数と最高回転数の幅に違いがあります。

.

TB-1131K,TB-2131-ストローク幅

TB-1131K 50mm
 TB-2131 60mm

ストローク幅

ボール盤のストロークとは、ドリルチャックが昇降する幅を表します。TB-1131Kのストロークが50mmに対して、TB-2131は60mmなので、少しでも深い穴を開けたいのであればTB-2131のほうが適しています。

.

DP2250R-フトコロ寸法

TB-1131K 103mm
TB-2131 125mm

フトコロ寸法

ボール盤のフトコロとはドリルからコラムまでの距離です。TB-1131Kのフトコロ寸法が103mmに対して、TB-2131は125mmもあるので、幅広い材料をあつかう場合は、TB-2131のほうが適しています。

.

TB-1131K,TB-2131-テーブルサイズ

TB-1131K 幅162×奥行162mm
 TB-2131 幅240×奥行420×高さ580mm

テーブル寸法

材料を固定する角型のワークテーブルの寸法に差があり、TB-1131Kが「幅162×奥行162mm」TB-2131が「幅196×奥行213mm」とTB-2131のほうが少し大きくなっています。ワークスペースは自作のテーブルを上に固定することによりさらに広くすることは可能です。

.

TB-2131-昇降ハンドル

テーブル昇降ハンドル

卓上ボール盤は材料を固定するテーブルを昇降させることができるのですが、TB-1131Kはロックレバー緩めて、手で高さの位置決めをしなければいけません。TB-2131はロックレバーを緩めて、昇降ハンドルを回すことにより高さを変えられるます。昇降ハンドルが備わっていると、片手で簡単に任意の高さに位置調整がしやすくなります。

.
TB-1131K 幅240×奥行420×高さ580 重さ20kg
 TB-2131 幅260×奥行480×高さ720 重さ34kg

サイズと重さ

TB-1131Kの本体サイズは、幅240×奥行420×高さ580mmですが、TB-2131は幅260×奥行480×高さ720mmと少し大きくなっています。なので質量34kgとTB-1131Kより10kg以上重たくなっています。

.

TB-2131-ryobi

私は安く手に入れる機会があったのでTB-2131を持っていますが、安価なTB-1131Kでも良かったかなと思っています。なぜなら、自分の用途ではあまり幅広い材料や厚みのある材料を扱いません。また、どちらも低格出力は190Wで5段階のスピード調整が行えますし、木工の場合は付属の材料固定用バイスは使用しないので、テーブルを自作すればワークスペースを拡げることも可能です。

どちらも動作音は家庭で使えるほど静です。よく電動工具や家電の購入者レビューで音が静かと書かれているのに、実際に使って見ると五月蝿いなと感じたことががあると思います。しかし、このボール盤は大きさの割りにかなり静かです。夜にスイッチを入れても同居人はモーター音に気づかないので、誰が聞いても静かだと答えると思います。ちなみにレクソンの小型卓上ボール盤より静かです。

比較表主要スペックが一目で分かる卓上ボール盤の比較表

Pocket