この記事は約 3 分で読めます ( 約 1582 文字 )

Pocket

初心者におすすめのコードレスドリルドライバー

マキタ DF330DWX

スリムで軽くだけどパワフルなドリルドライバー

コンパクトで軽いのけどパワフル

マキタのDF330DWXをお勧めします。パワフルなモデルであれば14.4Vや18Vシリーズの製品のほうがよいですが、このドリルドライバーは10.8Vと電圧は低いですが、DIYであれば10.8Vでも十分に力を発揮します。

私はもともとコード式のドリルドライバーを使用していましたが、ビットの付け替えが面倒くさくなり、予備でこのDF330DWXを購入しました。コードがないので非常に取り回しやすく質量も軽いので、予備ではなくこれがメインとなりました。私が日常で一番使用している電動工具だと思います。

同じ電圧にスペックが同じDF030DWXがありますが、このモデルは丸軸の先端ビットが取り付けられないので、丸軸のビットを使う場合はDF330DWXのほうがよいでしょう。

DF330DWX-付属品

プロ用でバッテリー×2個付きなのに安い

まず10.8Vなので価格がプロ用なのに安いです。私が購入した時は13,000円ほどでした。高寿命の「リチウムイオンバッテリーが2つ」と「プラスチックケース」「ビットケース」「ホルスター」も付属されていました。バッテリーが1つのタイプ(DF330DWSP)も販売されており、そちらは10,000円ほどだったと思います。

.

DF330DWX-0005

バッテリーが安く互換ツールも多い

バッテリーは日立工機のほうが良いと思います。標準付属されている容量が1.5Ahで充電器も急速充電機能が備わっているので30分で満充電にすることが可能です。
マキタのほうはバッテリーの容量が1.3Ahで、充電器には急速充電機能が備わっていないので50分かかります。なので、日立工機の同等性能のDS10DFLDB10DLと比較した場合、付属されているバッテリーや充電器の容量や充電時間は劣ります。

DF330DWX
共用できる電動工具一覧-マキタ公式

しかし、マキタは国内シェアナンバー1のメーカーなので、それなりに共用できるモデルがどこのメーカーよりも多くなっています。バッテリーが2つ付属されているので1つ余ります。予備として使うのではなく、他の電動工具を本体のみで購入すれば共用することも可能です。

私がお勧めのものはインパクトドライバー(TD090DZ)とレシプロソー(JR101DZ)とコードレスクリーナー(CL100DZ)です。インパクトドライバーがあれば、ドリルドライバーで締め付けられないような長いコーススレッドを締め付けられます。レシプロソーは木製、金属の家具を解体するときに便利です。コードレスクリーナーは主婦にも人気があり、掃除の習慣が変わるほど大活躍します。

私は5年ほど同じバッテリーを使っていますが、いまだに普通に使えています。(使用頻度は1週間に1~2回程度です)

.


トルク

このサイトでも紹介している「自在錐」「ホールソー」「フォスナービット」「埋木錐」で穴を開けることもできましたし、スリムビスであれば一番長いものでも締め付けられます。コーススレッドですとあらかじめ下穴を開けておくことにより、ある程度ながいものも締め付けられます。

DF330DWX-機能

搭載されている機能

このドリルドライバーはスイッチを引いた状態でロックできるロックボタンが備わっていません。その他の機能は全て備わっています。良いと思ったのがLEDライト機能とブレーキ機能です。ブレーキ機能がついているとトリガーから指を離したときに回転がピタッと止まるのでネジがなめりにくくなります。

LEDライト機能は別に必要ないと思っていましたが、ビットの手前を照射してくれるので、暗い場所や影になる場所のネジの締め付け作業や穴開け作業にとても便利です。

このブレーキ機能やLEDライト機能は私は勧めているDIY初心者にお勧めのコード式ドリルドライバー(CDD-1020)には備わっていません。動作音もCDD-1020より静かです。

ドリルドライバーの性能比較表

Pocket