この記事は約 3 分で読めます ( 約 1686 文字 )

Pocket

ヘリコプター

【Oregon Christmas Tree Harvest With Helicopter. Amazing Pilot】
(オレゴン州のクリスマスツリーの収穫とヘリコプター。アメージングパイロット!!)と題された動画がありました。

ヘリコプターがロープでつながれた何かを運んでいる動画ですが、はっ早いっ!短い距離間を、ものすごいスピードで旋回&急停止。ロープにつながれた先の荷物がフォ~ンと揺られて、恐ろしく先へ引っ張られている・・コワイッ!

一体なにを運んでいるのかと思えば、クリスマスツリー用のモミの木。オレゴン州にあるノーブル・マウンテン・ツリー・ファームにおける、モミの木収穫シーンのデモでした。熟練パイロットDan Clark(デン・クラーク)さんが運転する場面だそうです。

アメリカではクリスマスは1年で1番盛り上がるイベント。モミの木を伐採する業者は、この時期大忙し!ピックアップしてはじゃんじゃん運びます。本物のモミの木を使うのがアメリカの定番でもあり、オレゴン州はモミの産地&出荷地でも全米一なのだそうです。

慣性の法則まで含めて落としていく操縦は、見事としか言いようがないです。霧が出た悪天候でも迷いなく、急停止したロープの荷物が引っ張られる分まで考えてキュッと止まっています。”アメージング・パイロット”と話題になるわけですね。

【Christmas Trees 2010 | Putting Trees In Trucks 】というパイロットからの視点映像も見てほしいです。軽々とこなしているかのように見え感心します。下には広大な農場中に三角のもこもこしたモミの木が無数に植えられている様子が。

アメリカ中の人々がツリーを欲しがるこの時期、こんなふうに収穫しては運んでいたのですから急ぐはずだよな・・と納得もしてしまいます。クリスマスのオレゴン州では、ヘリのスピード野郎の職人技?は大活躍なのでしょう。

こうしてピックアップされたツリーがズラっと並ぶのがアメリカのクリスマスの風物詩。11月には特設のモミの木売り場がありこちに見られるようになります。本物のモミの木はプラスチック製より風情があり圧巻だとか。当日に木の根元にプレゼントがズラリと並ぶ光景には、アメリカに住む日本人が「日本のクリスマスはかなわない・・」と思ってしまうほど完璧だそうです。

まったく迷いの無い華麗なテクニックは、地元でも名物になっているんじゃないでしょうか。チビッ子たちが「今年もきたぜ~」と歓声を上げて見ていそうでもあります。ミラクル・パイロットテクニックも、本場のクリスマスツリーもどちらも見てみたいものです。

余談ですが、目を覚ましたとき”枕元にプレゼントが置かれてある”という日本のクリスマスも味わいがありますよね。

パイロット目線の動画はこちらからどうぞ。
 
ウッドピアリー

ウッドピアリー

クリスマスツリーで思い出しましたが、こちらは少し前に購入した「カモメ食堂」の映画で飾ってあった「ウッドピアリーS」。
多分、つげの葉?と小枝で作られているみたいです。
葉は塗装されているのか、水も土もないので葉の色はずっと緑を保ったままで枯れません。
 

プロセッサー

こちらは、もの凄い勢いで間伐材を伐採している間伐用重機のプロセッサーの動画。
この1台で、枝を刈り払い、皮を剥き、規定の寸法に切断しています。
 
MOKULOCK

MOKULOCK

こちらは秋田の間伐材で作られた木製のレゴブロッグ(もくロック)
ABS樹脂のようなカラフル色はしておらず、ブロックの種類も1つしかありませんが、色々な木が使われていて表情豊かです。
瓜のような色をしているのはホオの木です。

Spin Tires

こちらは、木材を伐採して、燃料や丸太をトラックで運ぶ謎ゲームです。
道が舗装されていないので、ヘリコプターやプレセッサーのようにスムーズに作業をすすめることはできなさそう。
もの凄い忍耐力が必要みたいです。

落雷

こちらは、もの凄い勢いで木を粉砕する雷さまです。
やっぱり、高い木の近くは危険なんですね。
安定したアークを発生できそうな高電圧で羨ましいかぎり。

Pocket