カテゴリー:充電式クリーナの記事一覧

DIY引き篭り部

カテゴリー:充電式クリーナ

日立工機の新しいクリーナー(R14DSAL/R18DSAL)の吸引力がすごい

この記事は約 5 分で読めます ( 約 2586 文字 )

R14DSAL

» この記事の続きを読む

DIYや建築現場に向いているクリーナー

この記事は約 4 分で読めます ( 約 2190 文字 )

カプセル集じん

>DIYerの俺が現場でマキタクリーナーを出した時は凄かったぞ。
>バイトの顔が青ざめて、「すぐに親方を呼びつけますので少々お待ち下さい」 って言われたんだが、親方はトイレでウンコ中だったようで、下半身は裸でケツにトイレットペーパーを挟んだまま顔を真っ青にして出て来たよ。
>そのままひざを突いて土下座。
>糞の付いたトイレットペーパーがヒラヒラ舞ってんのな。
>ケツを拭く猶予すら与えないマキタクリーナー
>全くどえらい掃除機だよ。

» この記事の続きを読む

マキタ|充電式クリーナ用 高機能フィルターを使用した感想

この記事は約 5 分で読めます ( 約 2601 文字 )

 A-58207

ゴミがスルリと落ちていく高機能フィルター

公式にはまだ記載されていませんでしたが、マキタのクリーナー(カプセル集じん式)に標準付属されているフィルターが高機能フィルター(A-58207)に変わっているみたいです。
この高機能フィルターは、本体とは別でも販売されているので、フィルターだけを購入することも可能です。
ネットだとAmazonでは、まだ販売されていませんでした。楽天ショップではちらほら販売しているショップがあるようです。
ちなみに、Working Proさんが一番安かったのでこちらで購入しました。

〔CL140FD-14.4V〕:プレフィルタ+フィルタ → 高性能フィルター
〔CL141FD-14.4V〕:プレフィルタ+フィルタ → 高性能フィルター
〔CL180FD-18V〕:プレフィルタ+フィルタ → 高性能フィルター

フィルタが変更されたモデルは上↑のモデルです。
14.4V・18Vのカプセル集じん式のクリーナーに装着して掃除してみましたが、14.4Vと18Vは吸い込み仕事率が強いせいか吸引力が落ちた感じはしませんでした。

〔CL070D-7.2V〕:プレフィルタ+フィルタ(変わらず)
〔CL100D-10.8V〕:プレフィルタ+フィルタ(変わらず)

上の7.2Vと10.8Vシリーズだけは従来のフィルタのままですが、高機能フィルターを装着することは可能でした。
ただ従来のフィルターより目が細かくなったせいなのか?、10.8Vに装着するとほんのわずかですが吸引力が落ちた感じがしました。
7.2Vも10.8Vと同じ吸い込み仕事率なので、同じ様にわずかに吸引力が落ちると思います。

» この記事の続きを読む

18V コードレスクリーナー(CL180FDRFW)レビュー

この記事は約 4 分で読めます ( 約 2101 文字 )

CL180FDRFW

18V充電式クリーナー

マキタのコードレスクリーナーCL180FD(18V)を買いました。
最近18Vのバッテリーを購入して、14.4Vを充電していた充電器(DC18RC )に対応しているので、本体のみのモデル(CL180FDZW)を購入しました。

» この記事の続きを読む

マキタコードレスクリーナー(10.8V) CL100DWとCL102DWのレビュー

この記事は約 6 分で読めます ( 約 3005 文字 )

マキタコードレスクリーナー10.8Vシリーズ

また買ったのか

この前に購入した14.4VのCL141FDが良かったので、10.8Vシリーズのコードレスクリーナーを購入しました。購入したのはCL100DCL102Dの2種類です。バッテリーと充電器は持っているので、本体のみを購入しました。本体のみだと4,000円前後で購入できるのですごく安い。

用途はCL141FDのフィルターをCL100Dで掃除して、CL100DのフィルターをCL102Dで掃除して、おまえは一体何台買うつもりなんだ。各メーカーのコードレスクリーナーの吸引力や機能がわかる比較表は下記のページからどうぞ。
コードレスクリーナーの性能比較表
» この記事の続きを読む

マキタ-充電式クリーナ(CL141FD)のレビュー

この記事は約 6 分で読めます ( 約 3244 文字 )

makita-cl141fd-充電式クリーナ

CL141FD

Makita(マキタ) の充電式クリーナ(CL141FD)を購入しました。
このクリーナは前々から気になっていたのですが、コードレスシリーズ一覧を作っていたときに評価の高いレビューを見ていて欲しくなりついに購入してしまいました。
このクリーナのレビュー数はどのシリーズも3~4桁あり、現場だけでなく家庭、新幹線、ショッピングモールなどでも使用されており人気が高いようです。
マキタのクリーナはリチウムイオン7.2V~18Vまでなら、どの電圧でも販売されています。
どの電圧のクリーナにも以下のスイッチと集じん方式が違うモデルが2種類づつ販売されているのですが、14.4Vシリーズだけワンタッチスイッチ+カプセル集じんのモデルが販売されていたので、私は14.4Vのバッテリを持っていることと、手軽にゴミを捨てられそうななので、このモデル(本体のみ)を購入しました。

旧型
スイッチ:トリガースイッチ 
集じん方式:カプセル集じん

新型
②スイッチ:ワンタッチスイッチ
集じん方式:紙パック+ダストバッグ

» この記事の続きを読む

 

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます