カテゴリー:ドリルドライバーの記事一覧

DIY引き篭り部

カテゴリー:ドリルドライバー

Makita(マキタ) 充電式ドライバドリル DF330DWXの感想

この記事は約 2 分で読めます ( 約 1124 文字 )

DF330DWX-使用感想

いつ購入したのか忘れました。
昔は10.8Vという電圧のドライバードリルがなかったので、本当に大丈夫なのか?と不安でしたが、コンパクトで軽量なのに意外にパワフルです。
DIYで使用する軽作業でしたら、これ1つでなんでもこなせる気がします。
同じ会社でスペックが同じの〔DF030DWX〕と迷ったのですが、丸軸タイプのビットが取り付けられないので、こちらを選びました。
 
» この記事の続きを読む

RYOBI (リョービ) ドライバードリル CDD-1020の使用感想

この記事は約 3 分で読めます ( 約 1412 文字 )

RYOBI (リョービ)  ドライバドリル CDD-1020
 

いつ購入したのか忘れましたが、穴あけ専用として購入しました。
ビットの種類によりますが、大口の穴をあける場合は、低回転であけることがあるので、電気ドリルより、回転数の上限が低いドリルドライバーのほうが調整しやすいことがあります。
質量も1kgと軽いので、女性にもおすすめです。
 

» この記事の続きを読む

DF030DWSPのスリーブ

この記事は約 2 分で読めます ( 約 624 文字 )

マキタ 充電式ドライバドリル DF030DWX

df030dwsp-スリーブ

df030dwsp-スリーブ

電動ドライバーのページに「DF030DWSP スリーブ」というキーワードで、検索してくる方をよく見かけるのでブログに書こうと思います。
 

» この記事の続きを読む

マキタクリーナー(18V)のバッテリーで使えるドリルドライバーを購入したい

この記事は約 3 分で読めます ( 約 1350 文字 )

マキタクリーナー(18V)のバッテリーで使えるドリルドライバーを購入したい

題名:マキタ ドリルドライバーについて

メッセージ本文:
以前、マキタクリーナー18Vを購入しました。今回ドリルドライバーについて教えて下さい。
家に一つはドリルドライバーがあれば 便利だろうなと思っていますが どれを買ったら良いのか分かりません。
棚など 作ってみたいと思っています
マキタのカタログを見てドリルドライバーを探すのですが探しだせないのです‥‥ ドリルドライバーとドライバドリルは別物ですか?
宜しくお願い致します

マキタ18V ドリルドライバ

ドリルドライバーもドライバドリルも同じです

ドリルドライバーは、「電動ドライバー」「ドリルドライバー」「ドリルドライバ」「ドライバドリル」「ドライバードリル」などと言われており、「販売店」「メーカー」「人」によって言い方が異なります。これらは全て同じものと解釈して問題ありません。ちなみにマキタの表記ですと「ドライバドリル」です。

マキタ公式のWEBカタログを拝見しましたが、22ページに「ドライバドリル」の情報が掲載されています。現在、販売されている機種は上記の2種類のようです。「充電式震動ドライバドリル」は「ドライバドリル」とは別物なので気をつけてください。

双方の違いはトルクと回転数です。ドライバドリルの「トルク」とはネジを締め付ける力のことです。「回転数」は無負荷の状態で1分間に回転する回数です。(1000min-1=1分間に1,000回転)

トルクと回転数はDF480DZのほうが落ちますが、私であれば質量の軽いDF480DZを選びます。トルクが60N・mもあると家庭のDIY程度であれば支障はでませんし、回転数も1000min-1以上あればかなり速いです。

makita-18vbattery

クリーナーのバッテリーを共用できます

マキタクリーナーに付属されていた18Vのバッテリーと充電器を持っていると思いますので、本体のみ(DF458DZDF480DZ)を購入したほうが安く揃えられます。クリーナーに付属されていたバッテリーをドリルドライバーに装着して共用することが可能です。


上はインパクトドライバ

ドリルドライバとインパクトドライバーの違い

ドリルドライバーインパクトドライバーと違いクラッチの調整が行えます。クラッチとはビスを締め付ける強さです。なので、DIY初心者で大きな家具や構造物を作らない場合は、ドリルドライバーのほうがお勧めです。18Vは一番パワフル電圧なので、家庭のDIYであれば困ることはないと思います。締め付けられないほど長いビスがあったとしても、下穴をあらかじめあけておくことで回避できます。

.

DIY向けの材料「SPF」

ホームセンターには「SPF」という材料が販売されており、安価でプレーナー(鉋がけ)されているので、初心者向けの材料です。ビスは材料が薄いものはスリムビスを。厚い材料を扱う場合や強度を高めたい場合はコーススレッドを使用します。どちらもホームセンターに行けば1箱/数百円で販売されていると思います。

そのまま木材にネジを打ち込むと、材料にひびが入ることがあるので、綺麗に仕上げたい場合は、ドリルビット(錐)であらかじめ下穴を開けてから締め付けてください。

スリムビス
スリムビス↑
コーススレッド
コーススレッド↑


ドリルビット(錐)↑

皿取り錐(スターエム)
面取ビット
http://diytool.biz/chamfering

 

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます