この記事は約 5 分で読めます ( 約 2654 文字 )

Pocket

IRWIN クイックチェンジ

バークランプ

ハンドルがレバー式になっているクランプは、クイックバークランプラチェットバークランプという商品名で販売されています。
このクランプの特長は、材料を片手で持ちながら押さえつけることができる事と、口を反対にしてバーの反対側に取り付ければ、材料を押し広げることもできる事です。

写真の左にあるミニタイプの欠点は、C型やF型クランプに比べるとクランプ力(締め付け力)が弱く、材料の切削時の固定や大きい材料の保持には不向きになります。
ネットで販売されているものはミニタイプが多く、どれくらいのサイズなのか写真ではわかりづらいので、購入後に非力すぎて後悔することがあるようです。
私も過去に後悔した人間ですが、クランプ力の弱いミニタイプでも、小物の製作での仮止め・のり付け時の固定など意外に役に立つので8万個ほど欲しいくらいです。
恐らく木工以外のジャンルのクラフトでも使われているのではないでしょうか。

2×4工事用仮止めクランプ

写真の右にあるIRWIN(アーウィン)のクイックチェンジは、2x4工事専用として作られているので、ミニタイプのものより懐(ふところ)が広くクランプ力も強くなっています。
バークランプなのに大きな材料の固定・接着時の圧着・切削している材料も動かさずに押さえつける力があります。
大きいバークランプは他の会社も販売しているのですが、日本の通販サイトで販売されているのはIRWINのものしか見かけません。
 


 

IRWIN バークランプ種類

2つのタイプ

クイック・グリップ クイックチェンジ クランプ力:135kg フトコロ:80mm
クイック・グリップ プロ(XP) クランプ力:250kg フトコロ:90mm

IRWINの大型バークランプには、2種類のタイプがあります。
(IRWINにもミニタイプのバークランプがあります。)
大型のバークランプにはクイックチェンジプロ(XP)があり、それぞれパッドの幅と締付力の強さに違いがあります。
プロ(XP)シリーズはボディにシルバーの色が混ざっています。)
締付力は、長さに関係なくクイックチェンジは(135Kg)、プロ(XP)は約2倍(250Kg)もあります。
プロ(XP)のクランプは写真で見るよりかなりごついです。

締付力(クランプ力)とは?

クランプの締付力は(kg)という単位で表されています。
はじめは締付力(275kg)のクランプで材料を固定すると、コニシキ(275kg)が材料の上に乗っかっているのと同等の力があるのかと思っていましたが、実際は200kgの重さの負荷がかかっても、押さえつける力に耐えうる仕様という意味です。

トグルクランプの締圧力には(kg)ではなく(kgf)という単位が使われています。
(kgf)とは、Wikiに1kgの重さの物体が標準重力加速度のもとで受ける重力の大きさと記載されています。
地球上で手の平に1kgの鉛を乗せて、その時に感じる重さが1kgfです。
トグルクランプの場合も記載されている締圧力(kgf)が材料に加わっても、材料を動かさずに押さえつける力に耐えうる仕様になっています。
クランプ・トグルクランプ、どちらも記載している負荷(kg)(kgf)がかかると、クランプが破損する場合があります。



↑QUICK-GRIP(XP-プロ)250kg↑
クイック・グリップ XPプロ



↑QUICK-GRIP(QUICK CHANGE)135kg↑
クイック・グリップ クイックチェンジ

IRWINのクランプでアルミ缶を潰してみました。
途中でアルミ缶が口から逃げていますが、(XP-プロ)は力を入れることなく潰すことができました。
(クイックチェンジ)は(XP-プロ)ほど薄くは潰せない結果に。
握る力も(XP-プロ)以上に必要でした。

次にスチール缶の口を潰してみました。
(XP-プロ)はアルミ缶を潰したときより握る力が必要でしたが、1発でぺしゃんこに潰すことができました。
(クイックチェンジ)は一発目で半分しか潰せず。反対側に向けてなんとか潰すことが出来ましたが、(XP-プロ)と同じように薄く潰すことは出来ません。

こうしてみると(クイックチェンジ)のタイプは非力に見えますが、クランプ力(135Kg)もあるのでそれなりに強力です。
他のバークランプではレバーを握りながら空き缶を潰すことはできませんし、(クイックチェンジ)でも切削している材料を動かさずに固定できる力はあります。

空き缶で思い出しましたが、こちらは潰れた空き缶を描く人。()すごい

押し広げる力を利用して同じ重さのプレートを持ち上げてみました。振っても落ちません。
XPシリーズのクランプ力であれば、釘で接合された板を引き抜くこともできました。
弱い力で握っても大きな力に変換されるのでジャッキに近いものがあります。
口は止めネジを1回転させるだけで取り外すことが可能。

錘を支えるIRWINクランプ


2.5kgのプレートを6枚(計15kg)を2×4に挟んで固定。


QUICK-GRIP(QUICK CHANGE)
クイック・グリップ (クイックチェンジ)


QUICK-GRIP(XP-プロ)
クイック・グリップ XPプロ

クランプのサイズが長いものは価格が高いので、自分は一気に買い揃えることができません。
会社によって高価なクランプもあります。
少しづつ揃えていってますが、複数の会社が色んなタイプのクランプを販売しているので一生買い続けるかもしれません。
 
 

サイズ一覧

IRWIN クイックチェンジ サイズ一覧

QUICK-GRIP(QUICK CHANGE)
クイック・グリップ (クイックチェンジ)
クランプ力:135kg

IRWIN クイックチェンジ サイズ一覧

QUICK-GRIP(QUICK CHANGE)
クイック・グリップ (クイックチェンジ)
クランプ力:135kg

品番
A(mm)
B(mm)
質量(kg)
T506QCEL7 150 200~340 0.71
T512QCEL7 300 200-490 0.88
T518QCEL7 450 200-640 1.18
T524QCEL7 600 200-790 1.42
T536QCEL7 910 200-1100 1.37
T550QCEL7 1250 200-1440 1.68

 
 

QUICK-GRIP(XP-プロ) クイック・グリップ XPプロ クランプ力:250kg

QUICK-GRIP(XP-プロ)
クイック・グリップ (XPプロ)
クランプ力:250kg

QUICK-GRIP(XP-プロ) クイック・グリップ XPプロ クランプ力:250kg

QUICK-GRIP(XP-プロ)
クイック・グリップ (XPプロ)
クランプ力:250kg

品番
A(mm)
B(mm)
質量(kg)
10505942 150 230~370 1.16
10505943 300 230-520 1.35
10505944 450 230-680 1.52
10505945 600 230-825 1.68
10505946 900 230-1130 2.00
10505947 1250 230-1485 2.40
Pocket