この記事は約 2 分で読めます ( 約 851 文字 )

お茶パック

ゴムやホッチキスで止めると見栄えが悪いまき

お茶の葉を入れるお茶パックに天日干しすることで繰り返し使える乾燥剤(B型シリカゲルや天然ゼオライト)を入れて使用している。これらを湿気や臭いを吸ったり吐いたりする調湿剤として販売されているが、実は密閉された容器にいれると湿度を下げて乾燥させた状態にできるのだ。検証した記事はこちらからどうぞ。

しかし、シリカゲルやゼオライトをそのままお茶パックを折りたたんで封を閉じると、動かしたときに中身がこぼれてしまうことがあるので、ゴムやホッチキスで封をしていた。ある日、お茶パックをシーラーで溶着シている人のブログを見て、美しい仕上がりだったので自分も真似して試してみることにした。

» この記事の続きを読む