カテゴリー:ビスケットジョイナーの記事一覧

DIY引き篭り部

カテゴリー:ビスケットジョイナー

ビスケットジョイナー「DW682」と「DW682K」の違い

この記事は約 2 分で読めます ( 約 906 文字 )

差出人: L様
題名: DW-682とDW-682K

メッセージ本文:
初めまして。このブログを見た後でDW-682Kをネット購入しました。
が本体には「DW-682」とありケース保護用段ボールには「DW-682K」と印刷されているのです。何か騙されて古い商品を送られたのではと非常に気になり問い合わせをしましたが、同じものであって間違っていないと引きません。という事は「DW-682K」の刻印番号の商品は全く無いということですよね!どうしても納得がいきません。明確なお答えを頂ければ幸いです。よろしくお願いいたします


このメールは DIY工具紹介部のお問い合わせフォームから送信されました

» この記事の続きを読む

DEWALT|おすすめビスケットジョイナー

この記事は約 4 分で読めます ( 約 2314 文字 )

DEWALT-ビスケットジョイナー
一目でわかるビスケットジョイナーの性能比較表はこちらのページからどうぞ。

購入した目的

ダボ継ぎが苦手なので、ダボ継ぎよりスムーズに板が接げるビスケットジョイナーが魅力的でした。
また巾のある材を買うことができないので、板同士を接げば安価で広い板を作ることができます。
ドミノも魅力的でしたが10万近くしたと思うので却下。
日本だとマキタのジョイントカッタしか選択肢がなく高価で手がだせなかったので、円高の頃にDEWALTのビスケットジョイナーをアメリカ・アマゾンで購入。
当時、送料込みで1万3000円ほどで購入することができました。
今は日本のアマゾンや楽天でも販売されていますが、1$/100円以上と円安になっているので、当時に比べると割高になっています。

» この記事の続きを読む

 

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます