この記事は約 2 分で読めます ( 約 1141 文字 )

Pocket

難しい電動工具の防音対策

電動工具の騒音

インターネットで「静かに木を切断する方法を教えてください。」的な質問がでると、私は 1日1mmずつノコギリで引けやレオパレスpfkぱfj河原━━中略━━などとわけのわからないことを
━━中略━━

迷惑になっていないか不安

電動工具を購入する際に性能や機能も気になりますが、DIYの場合は家で作業をすることになると思うので、近所に家がある場合は音の大きさがわからないと不安になると思います。
各メーカーがモデルごとに騒音値(dB)を公式サイトなどに記載して頂けると非常に助かるのですが、屋内で使うような電動工具には殆ど騒音値の情報は記載されていません。
また材料を切削する場合は騒音をさげるのが難しくなります。

難しい防音対策

音というのは空気みたいなものなので、壁だけ対策を行っても天井や床からもつきぬけていきます。
家の防音対策をする場合、質量のある材料で前面を囲わなければいけないので莫大な費用がかかります。

スピード調整ダイヤル

音の原因

電動工具の音の原因は、モーター音や材料を切削したときの音です。
モーターの音の大きさはモーターの回転数に依存するので、モーターの回転数が調整できるモデルを選べばモーター音を下げることが可能です。
私はスピードダイヤルが搭載された電動工具を選ぶようにしています。
騒音を低減させるだけでなく、材料や用途にあったスピード調整も可能になります。
 

スピードコントローラ

安価なモデルや電動工具の種類によって、スピード調整が行えない製品があります。
そんな時に便利なのがスピードコントローラーです。
スピードコントローラーは、名前のとおり電動工具のスピードを調整することができるコントローラーです。
トルクを低下させずに回転スピードだけを落とす製品もあります。
ブラシモーターに対応しているので、ほとんどの電動工具のスピードを調整することが可能です。

スピードコントローラーの最大負荷以上の消費電力(W)が流れる電動工具や、モーターの種類によっては対応されていない電動工具もあるので、購入する際は商品説明をしっかり目を通しておきましょう。
また電動工具の種類によっては、スピードを下げすぎると危険な場合もあるので気をつけます。
サイトのほうにもスピードコントローラーのページを作ったので、興味がある方は下のリンク先からご覧になっていただければ幸いです。
スピードコントローラーの選び方
 

かなりいけてるホームセンター
かなりいけてるホームセンター “HANDSMAN” / Osamu Iwasaki

レンタルスペース

騒音がだせる工房や工作室などを貸し出してくれる場所もあります。
自分の地域+「貸し工房」「レンタル 工房」「ホームセンター 工作室」などで検索してみると、作業スペースを貸してくれる場所が見つかるかもしれません。
ではまた。

Pocket