DIY引き篭り部

投稿者:DIY

ワインやウィスキーなどの空き瓶(ボトル)に大きい穴を開ける方法

この記事は約 5 分で読めます ( 約 2628 文字 )

ワインやウィスキーなどの空き瓶(ボトル)に大きい穴を開ける方法


楽天市場のショップでペリエが1箱500円(送料無料)で販売されていたので、慌てて4箱注文したら全て(750ml)だったでござる。カッとなってダイヤモンドコアビットで穴をあけてみた。ネットではフラットなガラスに大きな穴を開ける方法や、瓶に小さい穴を開ける情報は散見されるが、瓶に大きい穴を開ける情報がないので、珍しくブログを書くことに。

.

空き瓶に穴をあけるために必要な工具

どんな工具が必要なの?

ウィスキー・ワイン・ビールなどのガラス瓶は、「ドリルドライバー」と「ダイヤモンドコアビット」と「プラスチック粘土」があれば、誰でも簡単に失敗せずに穴をあけられる。ルーターなどで穴を広げていく方法だと時間がかかるうえ、綺麗な真円にならないので、4mm以上の穴をあけたい場合はドリルドライバーにダイヤモンドコアビットの装着して穴をあける方法をおすすめしたい。

瓶に穴をあけるために必要な工具(ドリルドライバ)

まずはじめにガラスに穴をあける先端工具を回転させる「ドリルドライバー」が必要となる。穴をあけるのに大きなトルクは必要ないので、電圧の低い10.8Vのドリルドライバーや、安物のコード式ドリルドライバーでも十分だ。しかし、軸ブレがひどいものだと縁が欠けたりして仕上がりが悪くなるので、ネットで購入する場合はレビューや口コミを参考にして軸ブレのない製品を選ぶとよいだろう。ちなみに、ワインボトルくらいの厚さの穴をあけるのに10分前後かかるため、複数の穴を連続してあける場合は使用時間の長いコード式のほうが適している。

瓶に穴をあけるために必要な先端工具(ビット)

ガラス・タイル・陶器など硬い素材に穴をあけるには「ダイヤモンドコアビット」という先端工具が必要になる。Amazonや楽天市場などで色々なサイズが入った20本セットのものを選ぶとよいだろう。価格は1,500円ほどとリーズナブルだが、刃が焼けないように正しく使えばたくさん穴をあけることができるので安心。20本セットだと(4/5/6/8/10/12/14/16/18/20/22/25/26/28/30/32/35/38/40/50mm)のサイズのビットが揃っているが、50mm以上のダイヤモンドコアビットも100mmまでなら単品で販売されている。

瓶に穴をあけるために必要なガイド(治具)

ダイヤモンドコアビットでガラスのように表面がつるつるしたところに穴をあけると、刃が滑って逃げてしまうため思った場所に穴をあけることができない。また、刃を固定するガイドは市販されているが、平面でしか使えないタイプなので、瓶のように湾曲した場所に固定するのは困難。ガイドを使わずに穴をあける方法もあるが、正確な場所に綺麗な穴をあけたいと思うので、今回は温めると好きな形にすることができる「プラスチック粘土」を利用してガイドをつくる。プラスチック粘土はネットで販売されているが、100円ショップにも「おゆまる」という商品名で販売されているようである。
.

刃が滑ってずれてしまう対策

どうやって刃が逃げないガイドを作るの?

プラスチック粘土は沸騰させた熱湯に入れると柔らかくなり、好きな形に成形することができる。冷めると硬くなってしまうが、硬いといってもゴムのように柔軟性があるため、プラスチック粘土のガイドだと瓶のようにカーブを描いたところにもピタっと固定することができる。これなら初めての人でも刃が滑って横にずれたりせずに、好きな場所に綺麗に穴をあけることができるだろう。

プラスチック粘土(おゆまる)柔らかくする方法

まずはじめに熱湯にプラスチック粘土を投入し、柔らかくなったら手で固定しやすいサイズの大きさに成形しよう。かなり熱いので手を冷水につけてから形をととのえたい。厚さを5mmほどにして形をととのえたら、柔らかいうちにダイヤモンドコアビットを差し込んで穴の形をとっておく。無理に貫通させると穴が広がってしまうので、粘土が固まってからドリルドライバーを使って貫通させたほうがよいだろう。
.

どれくらいの時間で穴をあけられるの?

基本的にガラスにあける場合は、ドリル刃を低速で回転させながら加工していく。なぜかというと、高速加工による発生する熱が原因で刃が切れなくなるからである。水をかけながら穴をあけていくのは、摩擦制御と冷却効果だけでなく、ガラスの切り屑を排出させる役割もある。ガラスの切り屑が蓄積すると切れなくなるため、流水もしくは、定期的に霧吹きや水差しなどを使って水をかけながら加工しよう。

空き瓶に穴をあけるのにかかる時間は、ガラスの厚さによって変わるが、ワインボトルような厚さだと10分前後で穴を貫通させることができた。ただし、底面は厚みがあるので1.5~2倍くらいの時間がかかるとみたほうがよいだろう。高速モードで穴をあけると時間は短縮されるが、加工精度や切断面が荒くなるうえ、失敗しやすくなるので、失敗が許されないボトルであれば必ず低速で加工するようにしよう。

.

瓶(クラック)

失敗しないコツはあるの?

仕上がりを重視する場合は、瓶に対して垂直にドリルドライバーを固定して、ひたすらドリルドライバーの自重のみで押し進めていくのみである。焦って余計な力を加えると穴の縁が欠けたり、特に貫通した際に強く押さえつけていたりすると、ドリルチャックと瓶が勢いよくぶつかってヒビが入ったり、割れたりすることがあるので注意。上の写真は穴が貫通した際にドリルチャックと瓶が衝突し、クラックが入ってしまったもの。

分厚い瓶だとかなり辛気臭い作業となるので、ラジオや音楽を聴きながら作業をしたほうがよいだろう。

ワインやウィスキーのラベルの剥がし方

ラベルを綺麗に剥がす方法

水をかけながら加工をしている際にラベルが破れてしまう場合があるため、ワインやウィスキーのラベルが必要な場合は、穴あけ加工をする前に剥がしておいたほうがよいだろう。ボトルに貼られているラベルはお湯につけておくと1時間ほどで綺麗に剥がれた。加工後にのり付けすると違和感なくもとのボトルの状態に戻すことができる。屋外に設置するなどで耐水性が必要な場合は、爪用のトップコートなどで塗膜を張るとよいだろう。

海の幸「カニ」と戦車が異色のコラボレーション!(カニ戦車)

この記事は約 2 分で読めます ( 約 932 文字 )

SNSでいいねの嵐となったプラモデル

愛媛県内の模型店で展示されている海の幸と戦車が合体した作品がSNSなどのソーシャルメディアで話題を呼んでいる。松山市柳井町にあるプラモデル店(富士教材)では、オタクにはたまらない鉄道のジオラマ・フィギュア・ラジコン、そして、戦車・戦闘機・戦艦と言ったプラモデルなどの商品が販売されているなか、磯の香りを漂わせた迫力あるカニがショーウインドーに展示されている。

カニと戦車がコラボした“カニ戦車”

この胴体や爪に戦車などの兵器に使われているパーツが貼り付けられている世にも珍しいカニ戦車を制作したのは、松山市の会社員でイワシ金属化という名前で模型作家をしている男性だ。カニ戦車は地元の漁師から市場に流通していないカニを譲り受け、身や内蔵を丁寧に取り除き丁寧に作り上げた作品。イワシ金属化さんがこのカニ戦車をツイッターに写真をあげると1万件近くものいいねの嵐となり大反響をよんだ。

富士教材(有) -模型店 カニ戦車

9月末まで富士教材で展示

今回、イワシ金属化さんのファンでもある模型店の店主(田村さん)たっての希望でカニ戦車7体の展示が実現。カニ戦車は9月末まで富士教材の1Fで展示される予定だという。ガラス張りのショーウィンドーに飾られたカニ戦車は小さい子供だけでなく、県外からも来たマニアも顔を覗かせるという。目で見るだけでなく、動くカニ戦車を想像するだけでも楽しくめそうだ。

イワシ金属化

イワシ金属化さんのサイト(イワシ金属化)では、取っ手がイワシのスプーンという斬新なものから、カニ・エビ・カブトガニなどの甲殻類や魚の頭骨を金属化したものが販売されている。また、カニ戦車のレジン製ガレージキットも販売されており、カニ戦車を見て感化された人は自分好みのカニ戦車に仕上げてSNSにあげてみてはいかがだろうか。

AnkerのPowerHouse専用のソーラーパネル(Anker PowerPort Solar 60)をレビュー

この記事は約 13 分で読めます ( 約 7703 文字 )

Anker-PowerHouse専用のソーラーパネル(Anker PowerPort Solar 60-A1601011)

発電機入らず!備蓄した電源を持ち運べるポーターブル電源

数年前からキャンプ場、車中泊、イベントなどの電源コンセントがない場所で活躍する「ポータブル電源」が売れに売れているようだ。特にGOAL ZEROの独壇場に飛び込んできた「Anker」「Smart Tap」「suaoki」などの製品は、一般ユーザーでも購入しやすいリーズナブルな価格となっており人気が高い。また、災害が発生して停電になったときにも役立つことから、自然災害が発生している近年ではさらに需要が高まっているようだ。

.

» この記事の続きを読む

DMM.make-3Dプリントの素材:ナイロン「磨きあり」と「磨きなし」の仕上がりの違いを比較

この記事は約 4 分で読めます ( 約 2353 文字 )

DMM.make-3Dプリント

3Dデーターを造形して発送してくれるサービス

DMMが運営するDMM.makeの1つに、3Dデーターを造形して家までお届けしてくれる「3Dプリントサービス」が存在する。DMM.makeの3Dプリントでは個人が作成した3Dデーターを造形するだけでなく、販売したり購入することもできる。さらに、写真やイラストからも3Dデーターを製作代行してくれたり、既存の立体物をスキャンして3Dデーターを製作してくれるサービスも提供されている。

3Dプリンターといえばプラスチック(樹脂)で造形されるというイメージをもっている人が多いかもしれないが、現在、DMMの3Dプリントサービスでは約30種類の素材が用意されており、その中には樹脂だけでなくガラスや金属までもが存在する。個人でもフィギュア、アクセサリー、インテリア等が、短納期かつ低価格で作れることから、多くの人がDMM.makeのサービスを利用している。

.

ナイロンの「磨きあり」と「磨きなし」を比較

DMM 3Dプリント ナイロン素材

底辺にはナイロン以外の選択肢がないまき

今回、DMMの3Dプリントサービスを利用する機会があったため、需要があると思い、素材をナイロンの「磨きあり」と「磨きなし」を選択し、どれくらいの差があるのか比較してみることにした。なぜ需要があるのかというと、ナイロン以外の素材はかなりの高額になるからである。例えば、この掃除機のジョイント(3Dデーター)を印刷すると「ナイロン」だと1,398円だが、「ABS」だと約6,000円、「スチール」だと約16,000円と躊躇してしまうような価格になるのだ。

.

DMM3Dプリンター(ジョイント)

DMM.makeにジョイントの3Dプリントを依頼するまき

今回、DMMに3Dプリントしてもらったものは、ダイソンにマキタのヘッドやストレートパイプを接続するためのジョイントである。

わたしはスティックタイプのコードレス掃除機に取り憑かれたようで、現在60台以上の掃除機を所持している。なかでも集じん方式が秀逸なメーカーがダイソンである。クリアビンと複数のサイクロンで吸い込んだ空気とゴミを分離しているため、フィルターを詰まらせる微細なゴミ(大鋸屑&粉塵)を吸引しても、国内メーカーと違い吸引力が低下しにくいのだ。

しかし、ダイソンのヘッドはモーター駆動の回転ブラシが搭載されているため、大量の大鋸屑や切削屑を弾き飛ばしてしまい不向き。また、我が家のフロアはカーペットを敷いている面積が狭いので、毎日、フローリングに発生する猫の毛、猫用の餌や砂、髪の毛、埃を掃除する場合、回転ブラシの搭載されてないマキタのヘッドのほうが最適だったりする。

そこで、ダイソン本体にマキタのパーツを接続するジョイントを3Dプリンターで作ったのだが、このジョイントはダイソンが重たいと思ってるユーザーや、ダイソンのハンディー機をスティック機に変えたいと考えてるユーザーにも役立つと思い、3Dデーターをシェアすることにした。そのため、DMMが提供するナイロンの強度と造形機の精度を調べたかったというわけだ。

.

DMM.make 宅配ダンボール

注文して1週間で届くまき

DMMで3Dデーターの造形を依頼する方法は非常に簡単であった。DMM.makeで3Dデーターをアップロードすると、5~10分くらいで登録したメールに見積額のお知らせがくるので、あとは素材を選んで注文するだけである。今回、2回に分けて注文を行ったが、どちらも送料無料で約一週間ほどで届いた。

.

DMM.make(3Dプリント)ナイロン磨きなし

ナイロン ブラック(磨きなし)

上の写真が最初に注文した「ナイロンのブラック(磨きなし)」。白い汚れは掃除機に取り付けた際に付いた汚れである。表面は目の細かい耐水ペーパーのような肌触りになっており、シボ加工の梨地のようなザラザラした模様になっている。また、家庭用プリンターで出力する際にできるシマシマの積層痕は見られず、クオリティはかなり高く感じた。作る物にもよるが、掃除機のジョイントだと磨きなしでも充分だと感じた。

.

DMM.make(3Dプリント)ナイロン 磨きあり

ナイロン ブラック(磨きあり)

上の写真が「ナイロンのブラック(磨きあり)」である。個人的に表面は背景が映るような鏡面仕上げかと勝手にイメージしていたが、そこまで美しい仕上がりにはなっておらず、表面は光沢がでているものの凸凹した感じが残っていた。ただし、肌触りはツルツルになっているうえ、磨きなしに比べると表面はフラットな仕上がりとなっている。

ちなみに、別の3Dデータの3Dプリントを依頼したとき、磨き作業は造形物が破損するため薄さが2mm程度必要なうえ、部分的な磨きは行なえないと言われたことから、人が手で研磨しているのではなく、容器の中に造形物、メディア(研磨剤)、水を入れて回転させ、摩擦運動によって研磨を行っているのではなかろうか。

.

DMM.make(3Dプリント)ナイロンのナチュラル

ナイロン ナチュラル(磨きなし)

上の写真はナイロンのナチュラル(磨きなし)である。染色最大可能サイズは1辺100ミリまでとなっているため、この長いジョイントは色がナチュラル以外選択することができなかった。ナチュラルは純白のため、表面のザラザラがブラックに比べると目立たなくなっている。造形物を塗装するのであれば、鮮やかな発色を得られるナチュラルを選んだほうがよいだろう。

.

ナイロン 磨きあり・なしの比較動画

語彙力の少ない文章やスキル不足の写真で仕上がりを伝えることが難しいため、動画でも磨きありとなしを比較して撮ってみた。ナイロンというと脆いイメージがあるかもしれないが、実際はABSのように強靭性(強くて粘り)があるため、強い衝撃を加えてもPLAのように割れにくくなっている。従って、掃除機のジョイントであればナイロン素材でも十分だと感じた。その他にフィギュア、模型、ケース、コスプレで使用する武器等も安価なナイロンで十分だと感じた。

3Dプリンター:付属品のプラットフォームシートより、定着性があり経済的な3Mマスキングテープ

この記事は約 4 分で読めます ( 約 1825 文字 )

プラットフォームシート(ダヴィンチ)

プラットフォームの上にはシートが必須

家庭用3Dプリンターの大半は、「FDM(熱溶解積層)方式」という造形方法が採用されている。FDM法は紐状にした樹脂材料(フィラメント)をヘッドの熱で溶かしてプラットフォーム(テーブル)にいくつもの層を重ねて立体形状を造形していくというもの。

そして、メーカーに関わらずプラットフォームの上には「プラットフォームテープ」というシートを貼り付けるのが一般的のようである。私が入門機として購入したダヴィンチの製品も、同社のプラットフォームシートを貼り付けて出力しなければいけない。

.

3Dプリンター-造形物の浮き上がり

付属品のプラットフォームシートは定着性が悪い

3Dプリンターで印刷する際に一番多かった失敗が、造形中に造形物がプラットフォームシートの上から剥がれてしまうことだ。途中で造形物が端から剥がれて浮き上がってしまうと、ヘッドのノズルに造形物が引っかかり、そこから上がわやくちゃになってしまうのだ。

この失敗を防ぐために、先人達はプラットフォームシートにスティックのりを薄く塗るユーザーが多いようである。のりを塗ることにより、途中で造形物が台から剥がれて浮き上がりにくくなるのだ。実際にわたしも3Dプリントする前にのりを塗っており、造形物が台から剥がれることにより起こる失敗はほとんど無くなった。

.

プラットフォームテープ(ダヴィンチ)

のりを使うとプラットフォームシートが傷みやすくなる

のりを使用することで造形物が途中でプラットフォームから剥がれる失敗はほとんどなくなったものの、あらかじめ塗っておいたのりがカチカチに固まるので、完成した造形物をプラットフォームから剥すのに一苦労するようになった。(現在はテープはがしカッターを使用)。さらに無理して剥すと下に貼ってあるプラットフォームシートも剥がれて交換してしまうはめになることも。

プラットフォームシートは消耗品なので別販売されているが、数回3Dプリントしただけで、使いものにならなくなってはランニングコストがかかる。そこでランニングコストを抑えるために、粘着力があるからのりを塗らなくても繰り返しつかえる「3Mのプラットフォームシート」や、プラットフォームに「3Mのマスキングテープ」を貼り、スティックのりと併用して3Dプリントするユーザーが多いようである。

.

3Dプリンターに3M マスキングテープのレビュー

コスパ最高!3Mのマスキングテープ

わたしは今回、後者の3Mのマスキングテープとスティックのりを併用する方法を試してみた。マスキングテープは一番幅が広い(60mm×18m)のものを購入。アマゾンで購入したときの価格は2巻で約500円ほどとかなりコスパがよい。スティックのりは、トンボの「シワなしピット G PT-GAS」が良いらしいが、ケチって100円ショップの物を使っている。

大したものは3Dプリントしないが、温度が低い原因で発生する浮きあがりや、反りによって端が浮き上がったりすることはなかった。ただし、もし失敗すると時間とフィラメントが無駄になってしまうので、時間のかかる造形物は、のりを薄く塗っている。また、テープを剥がしたときにプラットフォームにテープの粘着剤がべっとり付くこともなかった。

.

プラットフォームに部分的に貼った 3Mマスキングテープ

出力される部分にだけ貼っても大丈夫だった

3Dプリントする造形物が小さい場合は、写真のように出力される部分にだけマスキングテープを貼っている。特に部分的に貼っても問題なく印刷することができた。ちなみに、複数同じものを作る時はテープを張り替えずに使いまわしている。

.

テープはがしカッターで問題なく剥がせた

以前の記事で紹介した「ニトムズのテープはがしカッター」を使えば、印刷し終わった造形物も簡単に剥すことができた。もし、うまく剥がせなかったとしてもスティックのりは水性なので、マスキングテープを剥がして水につければ簡単にはがせることができるだろう。

.

3Dプリンターのプラットフォームから、のりで固まった造形物を簡単に剥がす方法

この記事は約 4 分で読めます ( 約 1906 文字 )

3Dプリンター 造形物を簡単に剥がす方法(ニトムズ テープはがしカッター)

メリット

刃先が0.1mmだから造形物を簡単に剥がせる
接地面が平だからプラットフォームシートが傷みにくい

» この記事の続きを読む

BOSCHのオービタルサンダー(GSS23AE/MF)のフィルター交換頻度はいつ?

この記事は約 3 分で読めます ( 約 1683 文字 )

差出人: D 様
題名: GSS23AEMFについてご教授下さい

メッセージ本文:
上記オービタルサンダーを調べていてこちらにたどり着きました。上記機種を購入検討していたのですがマイクロフィルターユニットが結構高いからランニングコストがかかるのではと主人から反対されています。古いマンションに住んでいる為静音性を重視しております。ベランダにて作業する予定で 速度が調節できて音も多少抑えたり出来る点や集塵能力も考慮しての機種選択です。

こちらマイクロフィルターユニットはどの程度で交換が必要になるものでしょうか?使用頻度によって変わってくるものだとは重々承知しますがそれでもだいたいの目安等ご存知でしたら参考までにお教えいただければと思います。

当方 家庭で使う家具を自作しておりこれまでに SPF材でダブルベッド枠 TV台 本棚等を作っており 今後も 本棚 扉付キャビネット等作成予定で塗装前に研磨したいと思っております。ホームセンター工作室の備品が使えない事が多く購入を決断したものです。


このメールは DIY工具紹介部 (http://diytool.biz) のお問い合わせフォームから送信されました

» この記事の続きを読む

ペットボトルやプラスチックに小さい穴を綺麗に開ける方法

この記事は約 3 分で読めます ( 約 1546 文字 )

ペットボトルに綺麗で小さな穴を開ける方法

木工用や鉄工用ドリルビットだと汚い穴になるでござる

木工ドリルや鉄鋼ドリルの先端ビットを使ってペットボトルに小さな穴をあけようとしたものの、綺麗な穴をあけられずに困ったことはないだろうか。これらの先端ビットを使用してもバリが発生して歪んだ穴が空いたり、効率よく穴があけることができないのだ。

熱した釘や半田ごてを使用することで、ドリルビットより綺麗な穴をあけることは可能だが、もう少し綺麗な穴をあけたいと考えている場合は、ガラスなどに穴をあけられる「ダイヤモンドビット」をおすすめする。

.

ペットボトルやプラスチックに小さくて綺麗な穴を開けられるダイヤモンドビット

小さな穴を綺麗に開けられるダイヤモンドビット

ダイヤモンドビットの表面は荒いヤスリのようになっている。なので、ペットボトルを削りながら穴をあけていくため、ドリルビットより、効率よく綺麗な穴をあけられるのだ。バリも発生しにくく、バリが発生しても手でこすれば除去できるので、バリ取りに手間もかからない利点も存在する。

.

プラスチックに小さな穴を開ける方法

プラスチックにも綺麗な穴をあけられる

薄いペットボトルの他に厚みのあるプラスチック(樹脂)にも綺麗な穴をあけることが可能だ。上はタッパーの蓋にダイヤモンドビットを使って穴をあけたものである。

.

大きな穴に加工

ビットを交換すれば穴を広げることも可能

ペットボトルやプラスチックに穴を開ける場合は、先の尖ったビットが適しているが、さらに穴を広げたり、穴の形を変えたい場合は、円柱状のダイヤモンドビットに交換して、外周を削っていくことで簡単に加工することも可能である。

.

ミニルーターと電動ドライバー

軟らかい素材なら安価(1,000円)なミニルーターで十分

ダイヤモンドビットは「ドリルドライバー」や「ミニルーター」に装着して使用することが可能だ。小さな穴を1つだけ開けたいのであればドリルドライバーでも十分だが、繊細な作業をしたり、複数穴を開ける場合はミニルーターを迷わず選んだほうがよいだろう。

ミニルーターはプラスチックやペットボトルに穴を開ける程度であれば、1000~2000円ほどの安価なもので十分である。ガラスのような硬い素材に穴をあける場合は、パワーのある「プロクソン」や「ドレメル」のような一流メーカーのほうが効率よく穴をあけられる。

.

ダイヤモンドビットセット

最初はダイヤモンドビットセットがおすすめ

初心者の場合、ダイヤモンドビットは単品で購入するより、色々な形状をしたビットがたくさん付いているセット品を購入することをおすすめする。ちなみに、ビットに溶けた樹脂が付着して固まった場合は、木材などに軽く擦りつけて熱で溶かしながら除去するとよいだろう。

.

ペットボトルと半田ごて

ペットボトルを穴だらけにしたい場合はハンダゴテがおすすめ

ペットボトルに小さい穴をたくさん開けたい場合はハンダゴテほうが効率的である。ペットボトルような薄さであれば、軽くつついただけで溶けてしまうので、慣れれば1秒に1個開けられるほどスピーディーだ。ただし、穴を開けた際に縁が熱で盛り上がるため仕上がりがルーターより汚くなったり、連コラが苦手な人は卒倒すかもしれない。穴の周りをなぞって溶かすことで穴の大きさを広げることも可能だ。

上はハンダゴテで2Lのペットボトルに無数の穴を開けた写真である。20分で蜂の巣のように穴をたくさん開けることができた。(換気注意)ちなみにペットボトルの蓋にも開けられることができたが、やはり穴の周りが膨れ上がってしまうので見た目は悪い。綺麗な仕上がりを重視するのであればルーターにダイヤモンドビットを装着して穴を開けた方がよいだろう。

 

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます