コードレス充電式クリーナーの騒音

Pocket

マキタ|充電式クリーナ-CL141FD(各部名称)
充電式クリーナの各部名称 | 写真のモデル:CL141FD(14.4V)

充電式クリーナの特徴と用途 特徴と用途 充電式クリーナの使い方と機能 使い方と機能 充電式クリーナの吸引力と騒音 吸引力 騒音 騒音
充電式クリーナのリチウムイオンバッテリ バッテリ 充電式クリーナの集じん方式 集じん方式 充電式クリーナの性能比較表 性能比較表

騒音値


掃除機の音の大きさ(kopasan731さん 動画)

充電式クリーナーの音の大きさ

クリーナーの騒音は吸引力と同じで気になるポイントだと思います。
そこで気になる各電圧のクリーナーの騒音値を騒音測定器で測ってみました。
吸い込み力もあるので音の大きさはそれなりにありますが、近所迷惑になるような音の大きさはありません。
音の大きさを排気が当たらないように近くで計測すると(強:80dB/弱:70dB)程なので、コード式の掃除機の音の大きさとさほど変わりません。
ただスピードを[強]にした場合は、耳につくような甲高い音がするので周りに人がいると不快な音に聞こえることがあるかもしれません。
[弱]にした場合は高い音がしないので、夜に使用しても問題のないレベルの音です。
音は物音1つしない部屋でも30dB程あり、たった5dBの差で音の大きさの違いが人間の耳でもわかります。

.

10.8Vシリーズ

 

距離 騒音値
1m 75dB
2m 73dB
3m 71dB
4m 68dB
5m 66dB

マキタ|CL100DW(10.8V)の音を計測

 

距離 騒音値(強) 騒音値(弱)
1m 70dB  64dB
2m 68dB  63dB
3m 65dB 62dB
4m 63dB 58dB
5m 59dB 56dB

マキタ|CL102DW(10.8V)の音を計測

意外にCL100Dは14.4Vシリーズのモデルより音が大きかったです。
どちらのモデルも音の大きさが同じくらいだと思っていましたが、数値どおりCL102D(紙パック式)よりCL100D(カプセル式)のほうが音があきらかに大きく感じました。
CL100DはDIY用の電動工具のような甲高いモーター音がするので少し耳につきました。
動作音はどちらも5mも離れれば60dB前後なので、近所迷惑になるような音ではありません。

.

14.4Vシリーズ

距離 騒音値(強) 騒音値(弱)
1m 71dB  62dB
2m 69dB  58dB
3m 66dB 57dB
4m 64dB 55dB
5m 62dB 52dB

マキタ|CL141FD(14.4V)の音を計測

紙パック式のモデルを持っていないので比較することはできませんが、CL102D(10.8V)と比べると、少しCL141FD(14.4V)のほうが音が大きく感じました。
CL100D(10.8V)と比べるとCL141FD(14.4V)の方が少し音が小さく感じました。
弱モードは非常に静かで、夜にスイッチをいれても問題ないレベルの音です。
動作音は5mも離れると約50~60dBなので、近所迷惑になるような音ではありません。

.

18Vシリーズ

 

距離 騒音値
1m 73dB
2m 71dB
3m 67dB
4m 64dB
5m 62dB

マキタ|CL180FD(18V)の音を計測

紙パック式のモデルを持っていないので比較することはできませんが、CL141FD(14.4V)と比べると、騒音値に若干差がでていますが、耳で聞いた感じですと音の大きさに差はありませんでした。
目をつぶって動作音を聞くと、どっちの音かわらなくなるほど同じような音です。
18Vは小型のクリーナーで一番電圧が高いシリーズになるので、音の大きさも少しあがるのかと思っていましたが、他の低い電圧のシリーズと騒音値が大して変わりませんでした。
動作音は5mも離れると約60dBほどなので、近所迷惑になるような音ではありません。

マキタクリーナーの性能比較表

Pocket