コンパスカッターで綺麗に切り抜く方法(コツ)

Pocket

オルファ_コンパスカッター
用途に合ったコンパスカッターが選べる比較表はこちらからどうぞ。

コンパスカッターの選び方 特徴 コンパスカッターの種類 種類 綺麗に切り抜く方法 綺麗に丸く切る方法 コンパスカッターの比較表 比較表

綺麗に丸く切るポイント まとめ

オルファ|カッターマットA4

カッターマットを下に敷く。(必需)

コンパスカッターの針は回転させている際に穴が広がっていくことがあります。穴が広がると支点がずれていくので円がずれることがあります。
オルファのカッターマットは、表面の素材が軟質塩ビになっており、刃の当たりがやわらかく、刃の持ちがよくなるだけでなく、回転させているときに中心の穴が広がっていきません。
表裏面どちらも使用することができ、1cm間隔のグリッドがはいっているので、刃の寸法を測るのにも便利。
カッターマットは、100円ショップなどでも販売されているようです。

カッターマットを回転させて、手の動かしやすい位置でカット。

コンパスカッターを回転させながらカットしていると、刃に力をいれにくい位置(1時~3時の方向)があるので、綺麗にカットできない場合があります。人それぞれコンパスを回しやすい位置は異なると思いますが、おそらく大半の人が、時計の7時~1時までの間に、安定して回転させやすい位置があるのではないでしょうか。
安定して回転させられる位置で少しずつカットしていき、そのままコンパスを回転させてカットしようとせずに、マットと紙を一緒に回転させてみてください。そうすると、ずっと安定した位置でカットし続けることができるので、簡単に円形にカットできるようになります。

カッターマットと布を回転させてカット。(布や革の場合)

オルファの布や革をカットできるコンパスカッターは円形刃になっています。
このタイプのコンパスカッターは、綺麗に円形にカットすることが難しく、コツをつかんでも失敗すること多々がありました。
色々試行錯誤した結果、コンパスカッターを力のいれやすい位置で固定して、コンパスを回してカットするのではなく、逆にカッターマットと布を回転させれば、綺麗にカットすることができるようになりました。
一般的なストレート刃のコンパスカッターでは、この方法は布や紙にひっかかってしまいますが、布用コンパスカッターは、丸刃なのでカッターマットと布が回ると同時に円形刃もタイヤのようにゴロゴロと回転するので、生地にひっかかることなくスムーズにカットすることができました。

回転マットを使う。(かなり便利)

カッターマットをモニタなどを置く回転台に固定させて、回転台とカッターマットを回転させながらカットしていけば、さらに精度の高い円切が行えると思ったのですが、オルファのカッターマットをよく調べてみると、なんと360°回転するカッターマット(195B)が販売されていました。
なので、回転台を購入せずに、回転マットを購入したのですが、これは思ったとおりコンパスカッターと相性はピッタリでした。普通のマットより若干割高になりますが、さらに高い精度を求めたい場合やカットする材料が多い場合に、おすすめのカッターマットです。
ちなみに動画では、マットとマットの間にシリコンスプレーを吹き付けてティッシュで拭き取っているので、通常の状態より摩擦が少なく、スムーズに回転するようになっています。

コンパスカッター_刃の傾き

刃を進行方向に少しだけ倒す。

刃を回転方向に向けて少しだけ傾けたほうが、刃先に力をいれやすくなりよく切れるので失敗が少なくなります。刃を垂直に立てながらカットしていると、引っかかったり、よれたりするので失敗しやすい。
ロータリーコンパスカッターで回転マットを使ってカットする場合は、逆に刃を垂直にさせたほうが精度があがります。ロータリーコンパスカッターは、ハンドルの位置を変えられるので刃の方向に寄せたほうが力をいれやすいです。
中心(針)より、刃先に力をいれるように心がけましょう。

コンパスカッター_刃は材料から離さない

刃は絶対に紙から離さない。

刃が1周するまでは、必ず刃先は紙から離してはいけません。
コンパスを回し終わったあとに、刃先を離して再度回転させていると、カットラインがずれたり、上手く切り目をいれられなかったり、よれることもあります。
刃先を紙から離さなければカットラインが二重になることはなく、1本のカットラインになるので、切り口が綺麗な美しい円形にカットできます。
壁紙を貼るクロス屋さんも、壁紙をカットするとき、カッターの刃を壁紙から離しません。

コンパスカッター ハンドルの持つところ

ハンドルの根元を持つ。

ハンドルの先端を持っていると、刃の方に力をいれることができません。
ハンドルの根元を持って、あまり中心には力をかけずに、刃のほうこうに意識して力をいれてみましょう。
中心(針)に力をいれていると、回転させたさいに中心の穴が広がっていき、支点がずれることがあります。
ハンドルがスライドできるタイプは、ハンドルの位置を刃のほうこういっぱいにスライドさせましょう。

コンパスカッターの性能比較表

Pocket